ヘルモーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
18世紀のアイスランド語の写本『NKS 1867 4to』の挿絵より。ヘルモーズがスレイプニルに乗ってヘルヘイムへ赴き、女王ヘルとバルドルに会う場面。

ヘルモーズ[1]古ノルド語: Hermóðr 英語: Hermod)は北欧神話の神の一柱。「Hermóðr」とは、古ノルド語で「勇気-戦い」を意味する[2]オーディンの息子であり、アース神族に属する。〈俊敏のヘルモーズ〉とも呼ばれる[3]

ギュルヴィたぶらかし[編集]

ヘルモーズは『スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第49章に登場する[4]

ロキの奸計によって兄弟であるバルドルが命を落とした際、オーディンの命により8脚の神馬スレイプニルを駆って、冥府の女王ヘルの下に向かった。

ギョッル川にかかった橋ギャッラルブルーのところで番をしている巨人女性モーズグズから道を教えてもらい、ヘルの垣根を越え、館へ進んで、その広間で兄バルドルと再会した。

ヘルモーズは兄と一晩過ごし、翌朝、ヘルと会って兄の黄泉還りを願った。 ヘルは「全世界の者がバルドルのために泣くならば」と蘇生に条件をつける。

アースガルズへ戻る前にヘルモーズは、バルドルから父オーディンへの贈り物として、バルドルと一緒に焼かれたドラウプニルを渡された。 また、バルドルの妻ナンナからは、バルドルの母フリッグと、女神フッラ英語版への贈り物を託された。

ヘルモーズから報告を受けたフリッグの頼みにより、あらゆる生物・無生物が彼の為に泣いた。しかし、ロキの変身した女巨人セック(ソック)だけが泣かなかったので、バルドルの復活はついにかなわなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』などにみられる表記。
  2. ^ Orchard (1997:83).
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』271頁。
  4. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』271-273頁。

参考文献[編集]