セスルームニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セスルームニル古ノルド語: Sessrúmnir)は北欧神話女神フレイヤが住んでいる宮殿フォールクヴァング(Fólkvangr)にある広い広間の名前[1]

解説[編集]

フレイヤは主神のオーディンと戦死者を分け合う権利を持っていた。『スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』によれば、ワルキューレを率いて戦場に赴いては死んだ戦士(エインヘリャル)をフォールクヴァングに運んで、このセスルームニルの広間で勇敢な戦士を選び取ったという。そこで選ばれなかった戦士がオーディンが住むヴァルハラに迎え取るといわれている[1]

備考[編集]

このようにまるでオーディンの妻のような権限を持っていることから、フレイヤをオーディンの妻フリッグと同一視する解釈や、フレイヤと夫オーズがフリッグとオーディンの若い頃を指しているという解釈もある。また、戦死者をセスルームニルで選ぶことから、フレイヤをワルキューレの頭(かしら)と考える研究者もいる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『エッダ 古代北欧歌謡集』245頁。
  2. ^ 『北欧の神話』125-126頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]