ヨルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨルズ古ノルド語Jörð, 「大地」の意)とは、北欧神話に登場する女である。『ギュルヴィたぶらかし』ではアース神族の一人に数えられている。ヨルズは一般に大地の化身と考えられている。後述するようにフロージュン (Hlóðyn) およびフィヨルギュン (Fjörgyn) と同一視される[注釈 1]

概要[編集]

『ギュルヴィたぶらかし』によると、ヨルズはオーディンの妻の一人で、トールの母であるという[1]。またオーディンが「万物の父」であるがゆえに、ヨルズはオーディンの妻であると同時に「娘」であるともされている。また『ギュルヴィたぶらかし』[2]や『詩語法』では、ヨルズはアンナルノーットの娘であり、アウズダグの異父兄弟とされている。

巫女の予言』にその名前が登場するフロージュンとフィヨルギュンもまた、オーディンの子であるトールの母とされている[3]ため、ヨルズに同一視される。また『詩語法』では「大地」の言い換えとして、「ヨルズ」と並び「フロージュン」「フィヨルギュン」が挙げられている[4]

『詩語法』では、ヨルズを表すケニングとして、「トールの母」「シヴの義母」「オーナル(アンナル)の娘」「ノーットの娘」「アウズの姉妹」「ダグの姉妹」「オーディンの花嫁」「フリッグのライバル」「リンドのライバル」「グンロズのライバル」「ユミルの肉」(すなわち「大地」)、「風の館の床または底」「獣たちの海」が挙げられている[5]。またトールケニングとして「ヨルズの子」というものも挙げられている[6]

ヨルズという言葉は、古ノルド語で「大地」を指す一般名詞であった。またこの語は現在の北欧諸語における同義語の祖語となっており(アイスランド語jörð, フェロー語jørð, デンマーク語スウェーデン語ノルウェー語jord)、また英語の earth の同根語ともなっている。

フィヨルギュンという言葉は、ゴート語fairguni (山)や古英語firgen (山の森)、そしてバルト・スラヴ族(en) の雷神 Perkunos (en) と同根語であると考えられている。これは、ゲルマン神話においては新世代の雷神 *Þunraz の祖父、あるいは雷の化身としてしばしば登場する、原インド・ヨーロッパ人(en) の(あるいは少なくとも北部地域のバルト=スラヴ=ゲルマン人の)雷神を指す言葉である、インド・ヨーロッパ祖語*Perk(w) を説明できるかもしれない。

脚注[編集]

リヒャルト・ワーグナーの楽劇『ニーベルングの指環』には、ヨルズに相当する大地の女神エルダ(Erda)が登場する。ヴォータンに警告を与える知恵深き女神で、ブリュンヒルデの母となる。
[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお『ギュルヴィたぶらかし』および『ロキの口論』で言及される、フリッグの親とされるフィヨルギュン (Fjörgynn) は別人である。詳細はフィヨルギュン参照。

出典[編集]

  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』231頁。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』232頁。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』14頁。
  4. ^ 『「詩語法」訳注』89-91頁。
  5. ^ 『「詩語法」訳注』33-34頁。
  6. ^ 『「詩語法」訳注』17頁。

参考文献[編集]