アウズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウズ古ノルド語: Auðr)は、北欧神話に登場する、夜の女神ノートと夫ナグルファリの間に生まれた息子である。

古ノルド語の「アウズ」には、次の3種類の原義があるとされている[1]

  1. 「荒れ果てた」、「空虚な」
  2. 「富」、「所有物」
  3. 「運命」、「死」

「アウズ」の意味は通常、2番目の意味「富」とされている。

しかし、アウズの父ナグルファリ(Naglfari)は、スノッリ・ストゥルルソンが『散文エッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第10章に登場させた、死者ので作られた船ナグルファル(Naglfar)を擬人化したものと考えられている[2]。 そのため、アウズの名をむしろ3番目の意味ととらえ、夜の闇と死者の船の間に生まれた「死」と解釈する研究者もいる。[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『北欧神話・宇宙論の基礎構造』305頁。
  2. ^ 『北欧神話・宇宙論の基礎構造』100頁。
  3. ^ 『北欧神話・宇宙論の基礎構造』304-311頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]