ユングリング家のサガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユングリング家のサガ』(ユングリングけのサガ、Ynglinga sagaユングリンガ・サガとも)は、1225年頃、アイスランドの詩人ストゥルラの息子スノッリ(スノッリ・ストゥルルソン)によって古ノルド語で書かれたサガである。

執筆にあたっては、『ノルウェー史』(12世紀後半に成立したノルウェーの歴史書)に収録される以前の、9世紀ノルウェースカルド詩フヴィンのシヨドルヴ(en:Þjóðólfr of Hvinir)が作者だと考えられている『ユングリンガ・タル』(en:Ynglingatal)に拠っている。

『ユングリング家のサガ』は、スノッリが書いた古代北欧の王の物語『ヘイムスクリングラ』の最初の部分を成している。

サガは、古代北欧の神々がスカンジナビアに出現したこと、フレイガムラ・ウプサラにおいてスウェーデン王家のユングリング家の祖となった経緯を語っている。

さらにサガは、その子孫がノルウェーに住み、のちのノルウェー王ハラルドル美髪王(Harald Fairhair)の祖先になったともいわれる、悪名高い統治者インギャルド(en:Ingjald)まで、スウェーデン王の血統を語っていく。

日本語訳[編集]

全訳(33-125頁)を収録。
再話「イングリング家の王たち」(230-236頁)を収録。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「ユングリング家のサガ」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ