ラグナル頌歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トールがヨルムンガンドを釣る姿。18世紀アイスランド写本NKS 1867 4to』(デンマーク王立図書館所蔵)より。

ラグナル頌歌[1](ラグナルしょうか、Ragnarsdrápa[1])とは、スカンディナヴィアの英雄ラグナル・ロズブローク (en:Ragnar Lodbrok) の栄誉を讃えるスカルド詩である。『ラグナルの歌[2]ラグナルのドラパ[3]とも。

この詩は最古の著名なスカルドであるブラギ・ボッダソン (en:Bragi Boddason) の作だとみられている。彼は9世紀ごろの人物であり、スウェーデン王ハウギのビョルン (en:Björn at Haugi) のためにこの詩を作ったとされている[4]。ブラギは、ラグナルから贈られた装飾が施されたにこの詩を書いたという。

この詩では、以下の話が語られていた。

現存する『ラグナル頌歌』の断片は、スノッリの『エッダ』の中に残されている。

北欧神話の物語を含んでいる数少ないスカルド詩の一つである[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 伊藤訳「原典資料」p.110 の表記。
  2. ^ 山室・米原訳『北欧神話物語』p.305 の表記。
  3. ^ 山室・米原訳『北欧神話物語』p.314 の表記。
  4. ^ LoveToKnow 1911 - Sweden
  5. ^ 『北欧神話物語』p.305。
  6. ^ 『北欧神話物語』pp.313-314。
  7. ^ マッキネル「原典資料」p.110。

出典[編集]

  • K.C.ホランド、山室静・米原まり子訳、『北欧神話物語』(ISBN 978-4791751495)、青土社、1992年11月16日発行、新版第3刷。
  • ジョン・マッキネル(伊藤盡訳)「原典資料」『ユリイカ』第39巻第12号(2007年10月)、pp.107-120。

外部リンク[編集]