王の写本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王の写本を開いた姿。

王の写本[1]おうのしゃほんアイスランド語Konungsbók[2]ラテン語Codex Regius, 王書王室写本欽定写本レギウス写本とも。)は、『詩のエッダ』(Sæmundar-Eddu[2])が記録されているアイスランド語写本コデックスも参照)である。写本番号は「GKS 2365 4to」[3]など[4]

概要[編集]

写本は、45枚の羊皮紙[5]でできており、1270年代に書かれたと考えられている。 ただし32枚目の後にあった[5]8枚のページが、現在はなくなってしまっている。 失われたのは『シグルドリーヴァの言葉』の終わりの部分から『シグルズの歌断片』の終わりの部分までであり、なくなった部分に書かれていたことは『ヴォルスンガ・サガ』の内容から想像できると考えられている[5]。 この写本に収録された詩の大部分が、唯一の情報源となっている。

1643年に、当時アイスランド南部の村スカールホルトで司教をしていたブリンニョウルヴル・スヴェインスソン英語版の財産となるまで、その所在はまったくの不明であった。そして1662年、彼はデンマーク王フレデリク3世にその写本を贈った。

写本はその後、1971年4月21日までコペンハーゲンにある王立図書館で保管された。 それからレイキャビクへ運ばれ、以後はアウルトニ・マグヌッソン研究所英語版で保管されている。そのような貴重な荷物を運ぶにあたり、飛行機での移動が十分に信頼されている時代ではなかったため、写本は儀仗兵に伴われて船で運ばれていった。

内容[編集]

『スノッリのエッダ』の『王の写本』[編集]

スノッリのエッダ(散文のエッダ)』を伝える主要な写本のうちの1つ(GKS 2367 4to)もまた、『王の写本』(Konungsbók Sn-E)[2]という名前がついている。 成立は14世紀前半にまで遡り、55枚のベラム皮紙(Vellum leaves)で作られている。

それはまた、前述の、ブリンニョウルヴルからフレデリク3世への贈り物の中の1つであった。 1985年アイスランドに返却され、現在はアウルト・マグヌッソン研究所に置かれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 菅原訳、ノルダル『巫女の予言 エッダ詩校訂本』p.9,43,115 などの表記。
  2. ^ a b c 『巫女の予言 エッダ詩校訂本』、9頁。
  3. ^ 「GKS」は「Gamle Kongelige Samling」[1]デンマーク語)の略で「王立図書館旧コレクション」を意味する。「4to」は「四つ折り版英語版」であることを表す。
  4. ^ 他に、たとえばエリアス・ヴェセーン(菅原邦城訳)『北欧の言語 新版』(東海大学出版会、1988年、ISBN 978-4486002536)では「Cod. Reg. g. s. 2365」となっている。「コペンハーゲン王立図書館 (Cod. Reg.) 所蔵の旧コレクション (g. s.) 2365番」という意味とのこと。
  5. ^ a b c 『エッダ 古代北欧歌謡集』285頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]