エルマナリク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルマナリク(Ermanaric、? - 376年)は、民族移動時代より少し前の時代に、ゴート族の一グループ、グルツンギ (Greuthungi) の王であったとされる人物である。

歴史的業績[編集]

エルマナリクの存在は、ローマ人が残した以下の2つの文献の中で言及されていた。一つは、彼と同時代の人物であるマルケリヌス・アンミアヌスが残した文書群であり、もう一つは、6世紀の歴史家ヨルダネスが残した歴史書『ゴート史』(Getica) である。

アンミアヌスによると、エルマナリクは「最も好戦的な王の一人」であった。しかし彼は、370年代になってアラニ族フン族が国境に侵入してきたことを受け、遂には自殺へと追い込まれたのだという。エルマナリクの領地がどこまでだったのか、アンミアヌスは「広く豊かであった」としか述べていない[1][2]

ヨルダネスの『ゴート史』では、エルマナリクはオイウム(en:Oium) という王国を治めていたとされている。またヨルダネスは、彼がスニルダ (Sunilda[3]) という女性を、彼女が不貞を働いたという理由で、馬で殺したという記述も残している。それを知った彼女の兄弟、サルス (en:Sarus[4]) とアミウス (Ammius[5]) は、自身の王国をフン族の侵入から守るという辛い状況に立たされていたエルマナリクを、さらに苦しませた。この伝説の異伝は、イングランドやスカンディナヴィアといった地域に住んでいた、中世ゲルマン人の文学に強い影響をあたえた(ヨーナクの息子たちen:Jonakr's sons) を参照)。最後にヨルダネスは、彼が110歳で亡くなるまで、ゴート族をよく治めていたと主張している。

物語[編集]

ゲルマン人に伝わる物語の多くで、エルマナリクはビッキ (Bicke, Bikka) あるいはシフカ (Sifka) という部下に陥れられる、愚かな人物として描かれている。そのビッキ(シフカ)という男は、妻をエルマナリクに強姦されたことを恨みに思っており、その復讐として彼を陥れようとする。また、ベルンのディートリヒ(5世紀に実在した人物、テオドリック大王を伝説化したもの)が登場する物語の中には、エルマナリクがディートリヒの叔父として登場するものもある。この物語の中で、彼はディートリヒの王国を掠め取るのである。ビッキ(シフカ)はエルマナリクに、彼に近しい者たちを殺していくよう、甘言を弄する。

名前の綴り[編集]

エルマナリク (Ermanaric) という名前を、彼の母語であるゴート語では、おそらく Airmanareiks と綴るのだろう。しかし彼は、13世紀に至るまで各地のゲルマン人が残した、数多くの伝説・物語に登場しているため、多種多様な綴り方をする。

他にも Hermanaric, Erminrich, Emmerich, Ermanrik などのようにも綴られ、さらに別の名前も存在している[8]

そこからの派生の一つとして、ヘイズレクという名前がエルマナリクの別名とみなされているため、『ヘルヴォルとヘイズレク王のサガ』に登場する、ゴート族を長きに渡って治めたとされる王ヘイズレク・ウールヴハムが、エルマナリクに同一視されることもある。

脚注[編集]

  1. ^ Michael Kulikowski (2007), Rome's Gothic Wars, pp. 111,112, ISBN 0521846331 
  2. ^ Ammianus Marcellinus, Thayer, ed., Res Gestae XXXI 3, http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Roman/Texts/Ammian/31*.html#3 
  3. ^ エッダサガに登場するスヴァンヒルド (en:Svanhildr) に同一視される。
  4. ^ エッダサガに登場するセルリに同一視される。
  5. ^ エッダサガに登場するハムジルに同一視される。
  6. ^ 谷口幸男訳、V. G. ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』(新潮社、1973年、ISBN 4-10-313701-0)p.192,索引などに見られる表記。
  7. ^ 伊藤盡訳、テリー・グンネル「エッダ詩」(青土社ユリイカ』2007年10月号(第39巻第12号)、pp.121-137)p.127,129 などに見られる表記。
  8. ^ The Name of Emmerich Pt. 1

参考文献[編集]

  • Auerbach, Loren and Simpson, Jacqueline. Sagas of The Norsemen: Viking and German Myth. TIME-LIFE books.