長き秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長き秋[1](ながきあき、Haustlǫng[1])は、900年頃にノルウェースカルド詩人フヴィーンのショーゾールヴル英語版によって作られたとされるスカルド詩[2]北欧神話の物語を含んでいる数少ないスカルド詩の一つである[2]。『秋の長詩[3]ハウストロン[4]とも。

部分的にしか残っておらず、スノッリの『エッダ』の2ヶ所にそれぞれ13節程度[5]と6節半[6]が引用という形で保存されていた[7]。ショーゾールヴルはこの詩をの上に書いたという[7]

現存する部分では、以下の2つの物語が描かれている。

この2つの挿話は、それぞれ本来の詩の4分の1の部分を占めていたとされる[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 伊藤訳「原典資料」p.110 の表記。
  2. ^ a b マッキネル「原典資料」p.110。
  3. ^ 伊藤盡訳、ピーター・オートン「異郷神話と宗教」(『ユリイカ』第39巻第12号(2007年10月)pp.145-162)p.150 の表記。
  4. ^ 山室・米原訳『北欧神話物語』p.287,310 の表記。
  5. ^ Þjóðólfr ór Hvini: Haustlöng
  6. ^ a b 『北欧神話物語』p.310。
  7. ^ a b c d 『北欧神話物語』p.287。

参考文献[編集]

  • K.C.ホランド、山室静・米原まり子訳、『北欧神話物語』(ISBN 978-4791751495)、青土社、1992年11月16日発行、新版第3刷。
  • ジョン・マッキネル(伊藤盡訳)「原典資料」『ユリイカ』第39巻第12号(2007年10月)、pp.107-120。

関連文献[編集]

  • Richard North (1997). The Haustlǫng of Þjóðólfr of Hvinir. Enfield Lock: Hisalik Press. ISBN 1874312206. 
  • Orchard, Andy (1997). Dictionary of Norse Myth and Legend. Cassell. ISBN 0 304 34520 2

外部リンク[編集]