エギルのサガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
17世紀の『エギルのサガ』の写本に描かれたエギル・スカラグリームスソン

エギルのサガ』は、おそらくスノッリ・ストゥルルソンによって西暦1220年から1240年の間に書かれたであろうと考えられている叙事詩で、アイスランド・サガの一つである。アイスランドの研究者からは一般に「Egla」と呼ばれている。

『エギルのサガ』は、アイスランドの農場主であり、またヴァイキングスカルド詩人でもあったエギル・スカラグリームスソンの生涯を中心に書かれている。

このサガは、西暦850年ノルウェーに始まり、エギルの祖父クヴェルドウールヴ(Kveldúlfr)の生涯、そしてクヴェルドウールヴの2人の息子、ハーラル1世に仕えていた偉大な戦士ソーロールヴ(Þórólfr)と、エギルの父スカラグリーム(Skallagrímur Kveldúlfsson)の話題へと移る。クヴェルドウールヴは日が沈んだ後変身したと言われており、「夕暮れの狼」という意味の名前もその事からきたものである。サガの始まりに語られる系図は、彼らの先祖にオーガがいたと述べており、子孫の暴力的な気質もそれによるものだとされている。ソーロールヴの死後、スカラグリームとクヴェルドウールヴはノルウェーを捨て、アイスランドに入植する。スカラグリームは農場主兼鍛冶屋としてボーグ(Borg)に入植し、そこで息子のエギルとソーロールヴ(この名前は彼の伯父の名を取って付けられた)を育てる。

物語はエギルの少年時代へと入る。エギルの危険な振る舞いによって社会の秩序が脅かされたことにより、彼の家族の平穏は再び失われる。エギルが7歳の時に、斧による最初の殺人を行い、騒ぎを引き起こしたのだ。物語はエギルのスカンディナヴィアイングランドへの旅、彼の戦闘と友情、彼の家族関係、彼の老年、そして彼の息子たちの死へと続いていく。西暦1000年頃を持って、この物語を終わりを告げる。

このサガはエギルの生涯におけるさまざまな出来事を通して彼を追っている。彼の生涯の多くは戦闘の中にあった。またエギルは頻繁に詩によって自身の生涯の物語を伝えている。伝えられるところでは、エギルが死ぬ前にモスフェットルスバイル(en:Mosfellsbær)近郊に財宝を隠したとされており、「エギルの銀」伝説を生んだ。

ニャールのサガ』(en:Njáls saga)、『ラックサー谷の人びとのサガ』(en:Laxdæla saga)と共に、アイスランド・サガの中でも特に優れた文学作品の一つと見なされている。

日本語訳[編集]

出典(英語版)[編集]

  • Jones, Gwyn. A History of the Vikings. 1968.
  • Thorsson, Örnólfur, et al. :The Sagas of the Icelanders: a selection, "Egil's Saga: Egils saga" trans: Bernard Scudder (Penguin Classics, 2000).

外部リンク[編集]