スリュム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
霜の巨人の王スリュムが、飛んでくるロキを迎える場面。 1871年にイギリスで発刊された書籍の挿絵より。

スリュム古ノルド語: Þrymr)は、北欧神話に登場する霜の巨人の王である。 トールのハンマー「ミョルニル」を盗み出し、引き換えにフレイヤを要求する。

神話[編集]

古エッダ』の『スリュムの歌英語版』は次のような物語を伝えている[1]。霜の巨人であるスリュムはトールのハンマーを盗み出す。あてをつけて訪ねてきたロキに、交換条件としてフレイヤを妻にする事を要求した。悩んだ神々は、ヘイムダルの案でトールを女装させ送り込む。そしてロキはその侍女に化けて、スリュムをうまくごまかし、すっかりそれに騙されたスリュムは、女装したトールの膝にミョルニルを置いてしまう。そうなった以上スリュムに抵抗する術は無く、結局は殴り殺されてしまう。また、スリュムには姉がいたが、トールらに持参金を求めた彼女も、当然同じ運命を辿る。

財産[編集]

山のような宝石、うず高く積まれた金と銀を持っている。また、牛小屋には黄金の角を持つ牛と、真っ黒な牝牛を持っている。彼にとっては、フレイヤを除く全ての物を持っていると感じている[2]

資料[編集]

ローレンツ・フローリク(en)が描いた、トールがスリュムを攻撃する場面。

この神話の資料になる唯一の詩は『スリュムの歌』で、『古エッダ』の王の写本の一部。しかし、スノッリ・ストゥルルソンはこれを『散文のエッダ』には入れなかった。それは、スノッリ自身がこの詩を作ったからだとも言われている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』89-92頁。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』91頁。
  3. ^ 『北欧神話物語』300頁。

参考文献[編集]