ジェームズ・マカヴォイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・マカヴォイ
James McAvoy
James McAvoy
2013年
本名 James Andrew McAvoy
生年月日 1979年4月21日(34歳)
出生地 スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
活動期間 1995年 -
配偶者 アンヌ=マリー・ダフ(2006年 - )
主な作品
ウォンテッド
ラストキング・オブ・スコットランド
つぐない

ジェームズ・アンドリュー・マカヴォイJames Andrew McAvoy, 1979年4月21日 - )は、スコットランド俳優

生い立ち[編集]

グラスゴーにて、建築業者の父親(ジェームズ)と精神医科の看護婦(エリザベス)の母親のもとに生まれる。7歳の時に両親が離婚し、祖父母のもとで育つ[1]。姉妹のジョイは歌手[2]

カトリック系の学校を卒業後、ロイヤル・スコティッシュ・アカデミー(Royal Scottish Academy of Music and Drama)で演技を学ぶ。

キャリア[編集]

1995年に『The Near Room』で映画デビュー。20歳の時にロンドンに移る。主にイギリス国内のテレビや舞台で活躍してきた。

2005年公開の『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』のタムナスさん役で国際的に知られるようになる。この年の英国アカデミー賞ライジング・スター賞を受賞する。2006年には『ラストキング・オブ・スコットランド』で、英国アカデミー賞 助演男優賞及びヨーロッパ映画賞主演男優賞にノミネートされる。

2007年公開の『つぐない』でゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)にノミネートされ、ロンドン映画批評家協会賞英国主演男優賞を受賞した。

2008年には『ウォンテッド』でハリウッド大作に主演した。

私生活[編集]

2006年10月にコメディドラマで共演した女優のアンヌ=マリー・ダフと結婚[3]。2010年6月に息子のアンドリューが誕生した[4]

大のサッカー好きで、セルティックFCのファンであり、2006年のUEFAチャンピオンズリーグでは出席していたトロント国際映画祭を抜けてパブに試合を観に行ったほどである(当時在籍中の中村俊輔の決勝ゴールを目にしている)[5]。 また、かつての名選手ジミー・ジョンストンを演じるのが夢だとも語っている[6]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1995 The Near Room ケヴィン
1997 Regeneration アンソニー・バルフォー
2000 Lorna Doone サージェント・ブロクサム テレビ映画
2001 バンド・オブ・ブラザース
Band of Brothers
Pvt. ジェームズ・W・ミラー テレビシリーズ
ザ・ブルー
Swimming Pool - Der Tod feiert mit
マイク
2002 White Teeth ジョシュ テレビ映画
Bollywood Queen ジェイ
The Inspector Lynley Mysteries ゴーワン・ロス テレビシリーズ
2003 デューン 砂の惑星 II
Children of Dune
レト・アトレイデス二世 テレビシリーズ
Bright Young Things サイモン
Early Doors リアム テレビシリーズ
ステート・オブ・プレイ〜陰謀の構図〜
State of Play
ダン・フォスター テレビシリーズ
2004 ウィンブルドン
Wimbledon
カール・コルト
ダンシング・インサイド/明日を生きる
Inside I'm Dancing
ローリー
Shameless スティーヴ・マクブライド テレビ映画
2005 ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女
The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe
タムナスさん
シェイクスピア21
ShakespeaRe-Told
ジョー・マクベス テレビシリーズ
『マクベス』に出演
Starter for 10 ブライアン・ジャクソン
2006 ラストキング・オブ・スコットランド
The Last King of Scotland
ニコラス・ギャリガン 英国アカデミー賞 助演男優賞ノミネート
ペネロピ
Penelope
ジョニー・マーティン/マックス
2007 ジェイン・オースティン 秘められた恋
Becoming Jane
トーマス・ルフロイ
つぐない
Atonement
ロビー・ターナー ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
2008 ウォンテッド
Wanted
ウェズリー・ギブソン
2009 終着駅 トルストイ最後の旅
The Last Station
ヴァレンタイン・ブルガーコフ
2010 声をかくす人
The Conspirator
フレデリック・エイキン
2011 Gnomeo and Juliet ノミオ 声の出演
X-MEN: ファースト・ジェネレーション
X-Men: First Class
チャールズ・エグゼビア教授
アーサー・クリスマスの大冒険
Arthur Christmas
アーサー 声の出演
2013 ビトレイヤー
Welcome to the punch
マックス・ルインスキー
トランス
Trance
サイモン
フィルス
Filth
ブルース・ロバートソン
2014 X-MEN: フューチャー&パスト
X-Men: Days of Future Past
チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX

参考文献[編集]

外部リンク[編集]