ウィンブルドン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィンウルドン
Wimbledon
監督 リチャード・ロンクレイン
脚本 アダム・ブルックス
ジェニファー・フラケット
マーク・レヴィン
製作 ライザ・チェイシン
エリック・フェルナー
メアリー・リチャーズ
製作総指揮 ティム・ビーヴァン
デブラ・ヘイワード
デヴィッド・リヴィングストン
出演者 キルスティン・ダンスト
ポール・ベタニー
音楽 エドワード・シェアマー
撮影 ダリウス・コンジ
編集 ハンフリー・ディクソン
製作会社 スタジオカナル
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 イギリスの旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 イギリスの旗 2004年9月24日
日本の旗 2005年4月23日
上映時間 99分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $31,000,000[1]
興行収入 $41,512,007[1]
テンプレートを表示

ウィンブルドン』(Wimbledon)は、2004年イギリス映画ウィンブルドン選手権を舞台としたロマンティック・コメディ。当初つけられる予定だった邦題は「恋とテニスとエースをねらえ!」だった。

ストーリー[編集]

イギリス人テニス選手ピーター・コルトはウィンブルドン選手権を最後に引退を決意したが、ひょんなことから優勝候補として注目を集めるアメリカ人のリジー・ブラッドベリーと出会い、恋に落ちる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
リジー・ブラッドベリー キルスティン・ダンスト 中村千絵
ピーター・コルト ポール・ベタニー 後藤敦
ディーター・プロフ ニコライ・コスター=ワルドー
ロン・ロス ジョン・ファヴロー 遠藤純一
デニス・ブラッドベリー サム・ニール 星野充昭
ジェイク・ハモンド オースティン・ニコルズ 宗矢樹頼
エドワード・コルト バーナード・ヒル 秋元羊介
オーガスタ・コルト エレノア・ブロン
カール・コルト ジェームズ・マカヴォイ

参考文献[編集]

  1. ^ a b Wimbledon”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]