クロエ・グレース・モレッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロエ・グレース・モレッツ
Chloë Grace Moretz
Chloë Grace Moretz
2013年
生年月日 1997年2月10日(17歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州アトランタ
職業 女優、モデル
活動期間 2004年 -
著名な家族 マッコイ・モレッツ(父)
テリ・モレッツ(母)
トレバー・モレッツ(兄)
コリン・モレッツ(兄)
公式サイト Chloe Moretz.com
主な作品
悪魔の棲む家』、『(500)日のサマー』、『キック・アス』シリーズ、『モールス』、『ヒューゴの不思議な発明』、『ダーク・シャドウ』、『キャリー

クロエ・グレース・モレッツ英語: Chloë Grace Moretz, 1997年2月10日 - )は、アメリカ合衆国女優クロエ・モレッツChloë Moretz)とも表記されることがある。身長163cm。

生い立ち[編集]

ジョージア州アトランタドイツ系の家庭に生まれる。父親のマッコイは形成外科医、母親のテリは看護師である[1][2]。ブランドン、トレバー、コリン、イーサンという4人の兄がいる[2][3]。兄の1人トレバーはクロエの演技指導者であり、両親が忙しい時などは彼がクロエに付き添っている[4]。トレバーはトレバー・デュークの名前で俳優としても活動している。

2001年、兄のトレバーが演技学校に合格したことにより、母と兄と共にジョージアからニューヨークに移った[5]

キャリア[編集]

2009年4月『アース』プレミア

5歳の頃からニューヨークでモデルや広告に出演するなど芸能活動を開始。6歳になるとロサンゼルスに引越し、2004年にテレビシリーズ『堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-』へのゲスト出演で演劇の仕事も開始する。翌2005年公開の『Heart of the Beholder』で映画初出演。同年『悪魔の棲む家』のリメイク作品で初めて大役を務め、2005年度のヤングアーティスト賞を獲得。その後テレビ番組でいくつかのゲスト出演をした。米国版のアニメ作品『プーさんといっしょ』で声優としてもデビューしている。

ヒット・ガール[編集]

2010年公開の『キック・アス』で演じた“ヒット・ガール”役で一気に知名度を上げた。このキャラクターは11歳の少女でありながら、父親と共にスーパーヒーローとして登場し、薙刀、バタフライナイフ、銃器、マーシャルアーツなどを使用し、ギャングを叩きのめしていく。放送禁止用語を多用するこの役柄については、(役柄の上で)「あの文脈だと特に意味を持たない言葉で、『おい!』と同じような形で使っているわけでしょ」と語っている。しかし監督と脚本家に「なるべくコミックを忠実に再現したいから、とりあえずワンテイクだけ言ってくれ。そのテイクは使わないだろうから」と説得されたが、結局使われたとも語っている。マーシャルアーツ、ガンアクションなどの過激なアクションシーンの9割を自分自身で演じ、撮影前に7か月の訓練を行った。[6] 道徳的非難もありながらこの演技で広く賞賛され、映画評論家ロジャー・イーバートは、4つ星中1つ星の映画としながらも「ヒットガールのキャラクターについて物議はあるだろうが、モレッツは存在感があり魅力的である」と評している[7]

「世界で最も美しい顔」では、2012年に4位、2013年3位に耀いた。

2014年、米タイム誌の「2014年の最も影響力のある25人のティーン」に選ばれる[8]

私生活[編集]

2011年にインタビューで、友人と過ごしたり、買い物に行くのが好きだと答えた[9]。ファッションにも興味を持っており、時に独特な服を着ることもある[10]

主な出演作品[編集]

2010年4月コミコン・インターナショナルにて
映画
題名 役名 備考
2005年
Heart of the Beholder モリー
悪魔の棲む家
The Amityville Horror
チェルシー・ラッツ
沈黙の脱獄
Today You Die
聖トーマス病院の女子
2006年
ビッグママ・ハウス2
Big Momma's House 2
キャリー・フラー
ゾンビ・ナース
Room 6
メリッサ・ノーマン
100年後...
Wicked Little Things
エマ・タニー
2007年
The Cure エミリー テレビ映画
The Third Nail ヘイリー
Hallowed Ground サブリナ
プーさんといっしょ/スーパー探偵団のクリスマスムービー
Super Sleuth Christmas Movie
ダーヴィ (USA) テレビアニメ映画、声の出演
2008年
アイズ
The Eye
アリシア
早熟のアイオワ
The Poker House
カミー
ボルト
Bolt
ペニー(幼少期) アニメ映画、声の出演
2009年
プーさんといっしょ/プーとティガーとミュージカル
Tigger and Pooh and a Musical Too
ダーヴィ
リピート 〜許されざる者〜
Not Forgotten
トビー・ビショップ
(500)日のサマー
(500) Days of Summer
レイチェル・ハンセン
2010年
グレッグのダメ日記
Diary of a Wimpy Kid
アンジー・ステッドマン セントラル・オハイオ映画批評家協会賞ブレイク映画アーティスト
ヤングアーティストアワード最優秀パフォーマンス賞(若手部門)[11]
ノミネート - COFCA年間最優秀俳優賞
キック・アス
Kick-Ass
ヒット・ガール/ミンディ・マクレイディ オースティン映画批評家協会賞ブレイクスルー・アーティスト賞
COFCAブレイクスルー・映画アーティスト賞
エンパイア賞最優秀新人賞
MTVムービー・アワード ブレイクアウト・スター賞
MTVムービー・アワードBiggest Badass Star
ノミネート - 放送映画批評家協会賞若手俳優賞
ノミネート - COFCA年間優秀俳優賞
ノミネート - ヤングアーティストアワード優秀パフォーマンス賞(若手部門)[11]
クロエ・モレッツ ジャックと天空の巨人
Jack and the Beanstalk
ジリアン DVDスルー
モールス
Let Me In
アビー オースティン映画批評家協会賞ブライクスルー・アーティスト賞
COFCAブレイクアウト映画アーティスト
エンパイア賞最優秀新人賞
ノミネート – 放送映画批評家協会賞若手俳優賞
ノミネート - COFCA年間優秀俳優賞
2011年
HICK ルリ13歳の旅
Hick
ルリ・マクマレン
キリング・フィールズ 失踪地帯
Texas Killing Fields
リトル・アン・スライガー
ヒューゴの不思議な発明
Hugo
イザベル
2012年
ダーク・シャドウ
Dark Shadows
キャロリン・ストッダード
2013年
ムービー43
Movie 43
アマンダ
キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
Kick-Ass 2
ヒット・ガール/ミンディ・マクレイディ
キャリー
Carrie
キャリー・ホワイト
2014年
ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー
Muppets Most Wanted
新聞紙の少女 カメオ出演
イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所
If I Stay
ミア・ホール
イコライザー
The Equalizer
テリー
テレビ番組
題名 役名 備考
2007–2010年
プーさんといっしょ
My Friends Tigger & Pooh
ダーヴィ(USA) 声の出演
ゲスト出演
題名 役名 出演エピソード
2004年
堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-
The Guardian
バイオレット The Watchers
Blood In, Blood Out
2005年
マイネーム・イズ・アール
My Name Is Earl
キャンディ・ストーカー 芝刈り機に乗ったお姫様
2006年
ラマだった王様 学校へ行こう!
The Emperor's New School
フリ (声) Kuzcogarten/Evil and Eviler
デスパレートな妻たち
Desperate Housewives
シェリー クリスマスの奇跡
2007年
決意の時
ダーティ・セクシー・マネー
Dirty Sexy Money
キキ・ジョージ ライオン
イタリアン・バンカー
キアヴェンナスカ
バースデー・パーティー
結婚式
くるみ割り人形
2008年
重要証人
2011年
30 ROCK/サーティー・ロック
30 Rock
カイリー・ホッパー TGS Hates Women
2012年
パンクト
Punk'd
本人役 7話
ミュージック・ビデオ
歌手 備考
2010年
ザ・ソフト・パック Answer To Yourself クリストファー・ミンツ=プラッセクラーク・デュークと共演
2011年
ベスト・コースト Our Deal
Dionne Bromfield ft. Mz Bratt Ouch
ビデオゲーム
題名 備考
2012年
Dishonored エミリー・カルドウィン

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Meet Chloe Moretz, the precocious teen star of ‘Kick-Ass’”. USA weekend. 2010年4月9日閲覧。
  2. ^ a b Itzkoff, Dave (2010年4月8日). “Just a Sweet Young Actress?”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/04/11/movies/11chloe.html 2010年4月8日閲覧。 
  3. ^ Facts”. ChloeMoretz.com. 2010年12月14日閲覧。
  4. ^ Pols, Mary (2010年10月11日). “Young Blood”. Time. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,2022625,00.html 2010年10月11日閲覧。 
  5. ^ Rising Star: Chloe Grace Moretz”. Access Hollywood. 2010年9月30日閲覧。
  6. ^ テレビブロス』2010年25号p26 - p27来日インタビューより引用
  7. ^ KICK-ASS
  8. ^ “最も影響力のあるティーンエイジャー25人発表!クロエ・モレッツなど-米TIME誌”. シネマトゥディ. (2014年10月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067216 2014年10月16日閲覧。 
  9. ^ Chloe Moretz- Punk rock Chloe ( Interview Magazine 2011) - YouTube
  10. ^ Official Chloe Grace Moretz fansite – Journal”. chloemoretz.com. 2007年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月10日閲覧。
  11. ^ a b 32nd Annual Young Artist Awards – Nominations / Special Awards”. The Young Artist Foundation (2011年). 2011年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]