串田和美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

串田和美(くしだ かずよし、1942年8月6日 - )は、日本の俳優演出家東京都小金井市出身。日本大学芸術学部中退。現在、日本大学芸術学部教授。父は哲学者詩人串田孫一、祖父は三菱銀行初代会長の串田万蔵、母方の祖父は侯爵貴族院議員貴族院副議長皇典講究所所長、神社本庁統理や伊勢神宮大宮司國學院大學理事長学長を歴任した佐佐木行忠

プロフィール[編集]

1965年俳優座養成所を卒業し、劇団文学座入団。

1966年佐藤信斎藤憐吉田日出子等と共に劇団自由劇場を結成。六本木の「アンダーグラウンド自由劇場」を本拠地とする[1]

1969年9月、観世栄夫と共に東ドイツに渡り、1か月東ベルリンに滞在。その後1970年3月まで1人でフランスに滞在。

1972年、自由劇場の実質解散後、吉田日出子に声をかけ、六本木自由劇場を本拠地に演劇活動を再開[2]。この頃から演出、美術を手がける。

1975年、正式にオンシアター自由劇場に劇団名を改める。『上海バンスキング』(1979年)、『もっと泣いてよフラッパー』(1977年)、『クスコ』などのヒット作を産み出す。この時期、俳優としては藤川延也という芸名を用いた。

1985年Bunkamura中劇場のシアターコクーン芸術監督に就任し、設計段階から関わる。

1987年自主制作した『映画上海バンスキング』で初監督[3]

1989年の劇場オープンと同時に、オンシアター自由劇場もフランチャイズ契約を結ぶ。9月の杮落とし『A列車』を皮切りに、劇場レパートリー制の導入、毎回異なる演出家による『夏の夜の夢』の連続上演、「コクーン歌舞伎」など、精力的な劇場運営を行う。

1996年2月、シアターコクーン芸術監督任期満了と同時にオンシアター自由劇場も解散[4]

コクーン歌舞伎平成中村座公演を始めとする歌舞伎公演の演出もし、テレビCMなど多方面にて活躍中である。

シアターコクーン初代芸術監督(1989年1996年)。2000年から日本大学芸術学部教授。2003年4月からまつもと市民芸術館館長兼芸術監督。

2006年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

出演[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 旗揚げ公演は11月の『イスメネ・地下鉄』。
  2. ^ 4月『阿呆劇・マクベス』
  3. ^ 他に出演、美術なども兼ねる。公開は1989年3月。
  4. ^ 最終公演は『黄昏のボードビル』『アヴィニョンのティンゲルタンゲル』。