鈴木重吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鈴木重吉(すずきしげよし、1900年6月25日 - 1976年10月8日)は日本の映画監督脚本家

概要[編集]

傾向映画と呼ばれたプロレタリア映画を中心に1920年代から1930年代にかけて多くの作品を監督する。

1926年の『土に輝く』(松竹映画)で初監督。1930年、監督・脚本をつとめた『何が彼女をさうさせたか』がヒットし、題名が流行語ともなった。

阪妻・立花・ユニヴァーサル連合映画マキノ映画帝国キネマ入江プロ新興キネマ)、不二映画社日活東和商事映画部と渡り歩き1939年の『富貴春夢』(満映)を最後に現場から離れるが、1950年『東京ルムバ』(大泉映画)で復帰する。1954年に大映に移籍、1956年まで監督を続けた。

その後も『東京オリンピックへの道』(東宝)の構成・編集を行っている。

外部リンク[編集]