人情紙風船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人情紙風船
監督 山中貞雄
脚本 三村伸太郎
原作 河竹黙阿弥
製作総指揮 武山政信
出演者 河原崎長十郎
中村翫右衛門
霧立のぼる
音楽 太田忠
撮影 三村明
編集 岩下広一
製作会社 P.C.L.映画製作所
配給 東宝映画
公開 日本の旗 1937年8月25日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

人情紙風船』(にんじょうかみふうせん)は、1937年(昭和12年)に公開された山中貞雄監督の日本映画日中戦争で戦病死した山中の遺作である。

略歴・概要[編集]

フィルムがまとまった形で現存する山中貞雄監督作品の3作のうちの一つ。河竹黙阿弥作の歌舞伎『梅雨小袖昔八丈』(「つゆこそでむかしはちじょう」通称:『髪結新三』)を原作[1]とし、山中の盟友である三村伸太郎がシナリオを執筆した。『街の入墨者』『河内山宗俊』に次いで前進座と三度目のコンビを組み、一座の花形である河原崎長十郎中村翫右衛門が主演し、ほか多くの座員が出演した。また、当時前進座に所属していた加東大介が市川莚司名義で、河野秋武が山崎進蔵名義で出演している。

貧乏長屋に暮らす人々の日常と悲哀を描き、山中や稲垣浩らが参加した監督・脚本家集団「鳴滝組」が作っていった「髷をつけた現代劇」(「時代劇の小市民映画」とも)という、時代劇映画の一つのジャンルの中で最も傑作と言われる作品である。1937年度のキネマ旬報ベストテンで第4位にランクインした[2]

1937年(昭和12年)8月25日、封切り当日に山中に赤紙が届き、平安神宮で壮行会が行われ、神戸港から中国に出征した。山中は戦中、手記に「紙風船が遺作とはチト、サビシイ」と書き遺している。山中は1938年(昭和13年)9月17日河南省で戦病死した。

ランキング

  • 1979年:「日本公開外国映画ベストテン(キネ旬戦後復刊800号記念)」(キネ旬発表)第4位
  • 1989年:「日本映画史上ベストテン(キネ旬戦後復刊1000号記念)」(キネ旬発表)第13位
  • 1989年:「大アンケートによる日本映画ベスト150」(文藝春秋発表)第10位
  • 1995年:「オールタイムベストテン・日本映画編」(キネ旬発表)第4位
  • 1999年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・日本映画編(キネ旬創刊80周年記念)」(キネ旬発表)第18位
  • 2009年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・日本映画編(キネ旬創刊90周年記念)」(キネ旬発表)第23位

作品のパブリックドメイン化[編集]

公開年、監督没年のいずれを基点としても50年以上が経過しており、日本の著作権法(2013年現在)上ではパブリックドメイン化しており、日本国内では自由に複製、上映、改変、翻案などが可能となっている。

あらすじ[編集]

江戸貧乏長屋浪人の首吊りが発生、役人が調べに来る。長屋の住人である髪結いの新三は、長屋の連中で浪人の為にお通夜をしてやろうと言い、大家を説き伏せてをせしめる。お通夜が行われるが、長屋の連中はがただで飲めると喜び陽気な馬鹿騒ぎを行う。

同じ長屋にいる浪人の海野又十郎は、父の知人の毛利三左衛門に仕官の口を頼みに行くが、邪険に扱われ相手にしてもらえない。その毛利三左衛門は質屋である白子屋の店主の愛娘お駒をさる高家の武士の嫁にしようと画策している。しかし当のお駒は番頭の忠七とできている。

新三は自分で賭場を開いていたが、ヤクザの大親分弥太五郎源七の怒りを買い散々な目にあってしまう。そのせいで金に困り、髪結いの道具を白子屋に持ち込むが相手にしてもらえない。

海野又十郎は、懲りずに何度も毛利三左衛門に会いに行くが、ある日どしゃぶりの雨の夜に「もう来るな」と言われてしまう。同じ日の夜、忠七が店へ傘を取りに戻っているのを待っているお駒を見かけた新三は、彼女を自分の長屋に連れて帰ってしまう。白子屋の用心棒をしている弥太五郎源七を困らせる為だ。

誘拐を知った白子屋、嫁入り前の大事な時だと源七らを使って、長屋にお駒を引き取りにくるが、新三は源七らを追い返してしまう。その後、大家の計らいで、お駒は無事に白子屋へ帰され、大家と新七は50両の大金を得、その夜、その金で宴会をする。

誘拐の片棒を担いだ又十郎も分け前の金を貰って宴会に行くが、真面目だと思われていた又十郎の行為に長屋の女房たちは良い顔をしない。それを知った妻のおたきがとった行動とは。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

前進座
  • 海野又十郎:河原崎長十郎
  • 金魚売源公:中村鶴蔵
  • 髪結新三:中村翫右衛門
  • 按摩藪市:板東調右衛門
  • 目明し弥吉:市川楽三郎
  • 錠前屋の兼吉:市川菊之助
  • 徳兵衛:山崎長兵衛
  • 夜そば屋の甚吉:中村進五郎
  • 吉兵衛:板東みのる
  • 役人:市川章次
  • 百蔵:市川莚司
  • 流しの与吉:中村公三郎
  • 市川進三郎(配役不明)
  • 弥太五郎源七:市川笑太朗
  • 家主長兵衛:助高屋助蔵
  • 平六:嵐敏夫
  • 長松:市川扇升
  • 白子屋久兵衛:嵐芳三郎
  • 磨師の卯之公:沢村比呂志
  • 古傘買いの乙松:市川岩五郎
  • 猪助:山崎進蔵
  • 毛利三左衛門:橘小三郎
  • 忠七:瀬川菊之丞
  • 乙松の女房おくま:岬たか子
  • 源公の女房おてつ:原緋紗子
  • 久兵衛の女房おなつ:岩田富貴子
  • 甚七の女房おちよ:一ノ瀬ゆう子
  • 又十郎の女房おたき:山岸しづ江
P.C.L

テレビドラマ[編集]

戦後、テレビドラマにて4度リメイクされている。

脚注[編集]

  1. ^ 「実はジャック・フェデの『ミモザ館』が換骨奪胎されて隠されている。全体の雰囲気はゴーリキーの『どん底』を意識して踏襲したところがあり、映画のジャンルとしてはグランドホテル形式が採用されている。そして江戸が舞台のはずだが、京都生まれの監督はそこに路地で育った自分の少年時代へのノスタルジアを、そっと重ねあわせている」(四方田犬彦『日本映画史110年』集英社新書 2014年p.32)。
  2. ^ フランソワ・トリュフォーは「最も心うたれたのは、キャメラと演出が緊密にからみ合って、一分のすきもない完璧な画(え)づくりに成功している点です」と絶賛している(山田宏一蓮實重彦『トリュフォー 最後のインタビュー』平凡社 2014年p.443)。

外部リンク[編集]