鉄道員 (1956年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鉄道員
Il Ferroviere
監督 ピエトロ・ジェルミ
脚本 アルフレード・ジャンネッティ
ピエトロ・ジェルミ
ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
製作 カルロ・ポンティ
音楽 カルロ・ルスティケリ
撮影 レオニーダ・バルボーニ
編集 ドロレス・タンブリーニ
公開 イタリアの旗 1956年8月11日
日本の旗 1958年10月18日
上映時間 118分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

鉄道員』(てつどういん、Il Ferroviere)は、1956年製作のイタリア映画モノクロ作品。

あらすじ[編集]

鉄道機関士アンドレアは、幼い末っ子サンドロの誇りだった。だが、長男マルチェロや長女ジュリアからは、その厳格な性格が嫌われていた。

ある日、アンドレアの運転する列車に若者が投身自殺をする。しかもアンドレアは、そのショックにより赤信号を見すごし、列車の衝突事故を起こしかけ、左遷されてしまう。

アンドレアは、ストライキを計画中だった労働組合に不満を訴えるが、とり上げられることはなく、酒に溺れ始める。

その頃、流産し夫婦仲が悪くなっていたジュリアの不倫が原因でマルチェロは父と口論となり二人とも家を出ていった。

職場ではストライキが決行されたが、アンドレアは機関車を運転し、スト破りをする。

アンドレアは友人達からも孤立し、家にも帰らぬようになる。

末っ子サンドロは酒場をめぐって父を探し出し、以前に父が友人たちとギターを弾いて歌った酒場に連れ出した。

旧友たちは再びアンドレアを温かく迎え入れてくれた。そして、家族との和解の兆しも見えた。

しかし、すでに彼の体は……

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TBS
アンドレア・マルコッチ ピエトロ・ジェルミ 神田隆
サンドロ・マルコッチ エドアルド・ネボラ 鈴木一輝
サラ・マルコッチ ルイザ・デラ・ノーチェ 前田敏子
ジュリア・マルコッチ シルヴァ・コシナ 榊原良子
ジジ サロ・ウルツィ 神山卓三
マルチェロ レナート・スペツィアリ 大塚芳忠
レナート カルロ・ジュフレ 安原義人
  • TBS版吹替 - 初放送1984年6月16日 『名作洋画ノーカット10週』

受賞[編集]

外部リンク[編集]