(ハル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
(ハル)
監督 森田芳光
脚本 森田芳光
製作 鈴木光
出演者 深津絵里
内野聖陽
戸田菜穂
宮沢和史
音楽 野力奏一(作曲)
佐橋俊彦(作・編曲)
撮影 高瀬比呂志
編集 田中慎二
製作会社 光和インターナショナル
配給 東宝
公開 1996年3月9日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

(ハル)』は、1996年東宝系で公開された日本映画である。監督・脚本:森田芳光。主演:深津絵里内野聖陽

概要[編集]

パソコン通信を題材にした本作は、インターネットの普及以降から見れば時代的な古さを感じさせるが、同様のハリウッド映画ユー・ガット・メール』(1998年12月18日全米公開、監督:ノーラ・エフロン、主演:トム・ハンクスメグ・ライアン)より3年近く早く公開されている。

森田芳光が競馬情報を取得するためにパソコンを買ってパソコン通信の存在を知り、そこから発想を得て脚本を書いた。パソコン通信の会話を忠実に字幕で表現する実験的な手法は賛否両論だったが、森田芳光の演出と脚本、深津絵里と内野聖陽の演技は多方面で高い評価を得た。

ストーリー[編集]

速見昇は、学生時代にはアメリカンフットボールの選手として活躍していたが腰の持病が悪化して選手生活を断念してからは夢を見失い東京で平凡なサラリーマン生活を送っている。ある日、パソコン通信の映画フォーラムにアクセスする。「ヤミノボ」から(ハル)のハンドルネームで参加した速見は、(ほし)というハンドルネームのユーザと意気投合し、パソコン通信でやりとりを始めた。互いに素顔を明かさない関係でのやりとりであったが、誠実に対応する(ほし)に好感を抱いた(ハル)は、悩み事も相談するようになる。しかし、(ほし)の正体は、(ほし)が自称した男性ではなく、盛岡に住む藤間美津江という女性だった。その(ほし)もまた、心に傷を抱え転職を繰り返す日々を送っていた。男性と偽っていたことを(ほし)から伝えられたが、(ハル)との間の信頼関係が崩れることはなかった。そんなある日、(ハル)は東北出張に出ることになる。それを聞いた(ほし)は、沿線のある地点で(ハル)が乗車する新幹線を見送ると約束する。互いにビデオカメラを片手に持ち目印のハンカチを振り、線路沿いに立つ(ほし)と車中の(ハル)を撮影することで、遠くからの、ほんの一瞬だけの、対面を果たした。それは、相手が「実在する人間である」ということを確認する、鮮やかな一瞬だった。

(ハル)は、映画フォーラムで(ローズ)というハンドルネームの女性と知り合い、その関係を(ほし)に誤解される。(ハル)は誤解を解こうと対話を試みるが、(ローズ)の正体は(ほし)の妹で、その事実を知った(ほし)はショックを受け(ハル)とのやりとりをやめてしまう。しかし、今までの(ハル)とのメールでの会話が心の支えであった事実に気付いた(ほし)は(ハル)と会う決意をし、東京駅ホームで待ち合わせる。

東北新幹線ホームの南側の端で、遂にふたりは対面する。ふたり、藤間美津江と速見昇は、互いに見つめ合い、互いに「はじめまして」という言葉をかわす。ふたりの物語はそこから始まるということを予感させつつ、映画は終わる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]