ヨリス・イヴェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨリス・イヴェンス
Joris Ivens
生年月日 1898年11月18日
没年月日 1989年6月28日(満90歳没)
出生地 ナイメーヘン
死没地 パリ
国籍 オランダの旗 オランダ

ヨリス・イヴェンスJoris Ivens1898年11月18日 ナイメーヘン - 1989年6月28日 パリ)は、オランダのちにフランス映画監督ドキュメンタリー映画のビッグ・ネームであり、文明の発展とその不平等に関してときに戦闘的な視線をもちながら、最後の作品群をアジアへと捧げた[1]

来歴・人物[編集]

1898年11月18日、オランダ・ヘルダーラント州のナイメーヘンに生まれる。「オランダ写真界の元祖」といわれる人物を祖父に持つ。ドイツベルリンのシャルロッテンブルク工科大学(現ベルリン工科大学)で写真化学を学ぶ。

1933年アンリ・ストルクと共同監督した戦闘的ドキュメンタリー『Misère au Borinage(ボリナージュの悲劇)』では、ベルギーエノー州ボリナージュでの鉱夫たちの悲惨さとプロレタリア搾取の凶暴性を非難した[1]

1954年国際平和賞を、1968年にはレーニン平和賞を受賞[1]

映画監督のマルセリーヌ・ロリダン=イヴェンスと結婚していた[1]

1989年6月28日、定住先となったフランスのパリにて死去。モンパルナス墓地に眠る[1]

フィルモグラフィー[編集]

長編[編集]

短編[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e 仏語版WikipediaJoris Ivensの記述による。

外部リンク[編集]