ミッドナイト・イーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミッドナイトイーグル』(Midnight Eagle)は、高嶋哲夫著の小説、またはこれを原作とした2007年11月23日に日米同時公開された日本映画

概要[編集]

高嶋哲夫著の小説を元に2007年11月23日に公開されたアクションサスペンス山岳映画。

山岳テロ国防と硬派な内容にもかかわらずモデル出身の俳優が多く出演した硬軟取り混ぜた内容の作品。

第20回東京国際映画祭のオープニング作品である。防衛省が、防衛庁からに昇格後、初めて協力した映画作品。

あらすじ[編集]

戦場カメラマンの西崎優二。数多くの戦争写真を撮り続けていた彼が、取材中に起きたある出来事によって報道写真では何も変える事が出来ないという無力感にさいなまれ、一線を去る事になってしまう。日本へ帰国後、妻子をかえりみず、報道カメラマンとしての意欲をも失せてしまい病魔に冒され余命いくばくかもない妻を看病することなく、一人山にこもり、山岳写真や夜景写真を撮ってすごしていた。

そんなある日の未明、光を放ちながら見岳沢に墜落していく謎の飛行物体を目撃し、カメラに収める。その直前、航空自衛隊小松基地では国籍不明の飛行物体が北アルプス上空で南東を目指して高度をみるみる下げていく様子をレーダーで捉えたためF-15J戦闘機による緊急発進、ホット・スクランブルがかけられた。飛行中のパイロットから不明機の墜落が報告されるや、任務の終了と基地への帰還命令が下され半信半疑で了解で応じたが、正にその時に二機のF-15が撮影直後の西崎の頭上上空を通過していった。それからは瞬く間に日本アルプス周辺が自衛隊によって厳戒態勢が敷かれてしまう。

夜が明けて、雨の中で首相・渡良瀬がジョギングをしていたところ、コースの途中で遮るように現れた内閣危機管理監の冬木の只ならぬ様子を察知して、そのまま一緒に首相官邸へ引き返してみると、内閣危機管理室では危機管理担当閣僚をはじめ統合幕僚長以下陸海空自各幕僚長までもが勢ぞろいして待ち構えていた。

戦場カメラマンとしての西崎を尊敬し、自身も写真雑誌「WISE」のジャーナリストとして活動している先妻の妹の有沢慶子は、今に続く西崎の有様に失望して、亡き姉志津子と西崎との間に生まれた一子・優を自分が引き取って育てると主張して西崎とは半ば絶縁状態であったが、最後のけじめとして優の冬着を受け取るために西崎を呼び出した。彼が優のためにと山で撮った夜空の写真も慶子は冷ややかに受け取り、そのまま帰京の途につく列車を待つ駅から遠く離れて見かけた自衛隊車両の物々しい車列に、漠とした言いようのない不安を感じ取っていた。東京へ戻った慶子は温泉地の取材をキャンセルされて、急遽同僚の青木が追っていたアメリカ国防総省東アジア特命担当高官シュワルツコフの極秘緊急来日と駐日アメリカ大使の突然の召還と首相官邸での慌ただしい動きとアメリカ空軍横田基地で起きたテロと新宿の町医者からの不審者の負傷治療についてのタレコミの関連性の調査取材を編集長の宮田から言い渡された。

同じく戦場カメラマンとしての西崎を尊敬し、自身も全国紙の東洋新聞松本支局で支局員をしている高校生時代の山岳部の後輩・落合信一郎もいち早く登山者からの問い合わせに基づいて自衛隊に照会していたが、練習機の墜落という回答に西崎が訝しげに仄めかした追加情報を合わせて再度、今度は防衛省に照会を入れた。それが元で落合に夜討ちをかけられた西崎は引っ張られるように墜落現場の山に入ることになり、その途中で、西崎から受け取っていた飛行物体の写真を本社ではなく慶子宛に出版社へ送付した。墜落現場付近へ通ずる登山道の入口は悉く自衛隊によって封鎖されていたが、西崎と落合は未封鎖の滝沢口登山道から漸く入山した。墜落現場へ向かう途中で冬季迷彩山岳装備の自衛隊員らしい部隊に遭遇し、二人は接触を避けるように後戻りしたが、その後ビバーク中のテントに何者かから銃撃を受けた。会話が日本語ではなかったと理解していた西崎は、数々の戦火をくぐりぬけてきたゆえの直感から本能的に身の危険を察知して、直ぐにでも下山することを主張するが、落合は功名心から単独ででも事件の取材を強行することを主張したために二人は別行動を取ることになった。一旦は西崎は下山を思い立ったが、一人残してきた落合の身を案じ、正体不明の武装工作員部隊の第二波の銃撃に襲われている彼が銃声による雪崩に巻き込まれそうになった時にはその場に舞い戻って、ロープを投げて救出した。西崎に下山するよう諭された落合は、松本支局に左遷された経緯を吐露すると西崎も感じ入るところがあったのか、再び墜落現場を目指すべく、取りあえず無線電波の飛ぶ岩切尾根まで出たが外部との交信中に武装工作員部隊に三たび銃撃されて、受信者に慶子への伝言を託して二人は辛うじて逃げ延びた。

謎の武装工作員部隊の様態を探っているさなか、元根峠から入山して墜落現場に向かって接近してくる陸上自衛隊の習志野空挺部隊と松本山岳レンジャー部隊の混成部隊第2班と居合わせた武装工作員部隊との間で遭遇戦が発生する。西崎は自分の危険も顧みず、自衛隊部隊に警告を発した。両部隊の戦闘によって、工作員部隊の制圧はできたが自衛隊部隊も全滅に近いほどの大きな損害を被ってしまう。そこで部隊で唯一生存した佐伯三等陸佐と接触する。自衛隊の一個小隊が全滅するのを目の当たりにした西崎・落合は恐怖を覚え、佐伯は佐伯で民間人、取分けジャーナリストの介入を嫌って西崎達に下山を勧めるが、アルプスの達人を自認する二人は銃傷を負った佐伯を一人にはできずになんとかして墜落現場に到着しようと登頂を続ける。

鹿ノ沢神社からの入山ルートでいち早く墜落現場近くの下平に到着した陸上自衛隊習志野空挺部隊・松本山岳レンジャー混成部隊第1班は、11時30分の内閣危機管理センターと交信中に工作員部隊に待ち伏せ攻撃を受けて全滅していまう。そうとは知らぬ佐伯・西崎・落合の3人はというと、佐伯は日米間の国家機密保全のため、片や西崎らは真実を報道するカメラマンとジャーナリストのプライドと自分が青春時代を過ごした山で起こった事件を他人任せに出来ないという強い意志の前にして、冬山で期せずして手負いとなった佐伯は西崎たちの同行を認めざるを得なかった……

映画[編集]

ミッドナイト イーグル
Midnight Eagle
監督 成島出
脚本 長谷川康夫
飯島健三郎
出演者 大沢たかお
竹内結子
玉木宏
吉田栄作
音楽 小林武史
主題歌 Bank Bandはるまついぶき
撮影 山本英夫
編集 ウィリアム・アンダーソン
製作会社 「ミッドナイトイーグル」パートナーズ
配給 松竹
公開 日本の旗 2007年11月23日
上映時間 131分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 7.77億円
テンプレートを表示

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]