ピーター・ハイアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・ハイアムズ
Peter Hyams
生年月日 1943年7月26日(70歳)
出生地 ニューヨーク州 ニューヨーク
職業 映画監督脚本家撮影監督

ピーター・ハイアムズPeter Hyams, 1943年7月26日 - )は、アメリカ合衆国映画監督ニューヨーク州ニューヨーク出身。父親はバリー・ハイアムズはブロードウェイのプロデューサー。母方の祖父はロシア生まれのユダヤ人で、興行師のソル・ヒューロック。

1974年の映画『破壊!』でテビュー。1978年の『カプリコン・1』がヒットし注目された。以後『アウトランド』、『2010年』、『カナディアン・エクスプレス』などでサスペンス描写に評価が高い。またスコープ・サイズの画面にこだわり続けている監督である。

監督のほかに撮影・脚本を兼任する多才さを見せ、報道写真出身の映画監督スタンリー・キューブリックに私淑し取り組んだ『2010年』では監督・製作・脚本・撮影を兼任。その器用さが買われ企画段階からトラブルが相次いだ『エンド・オブ・デイズ』も完成に導いている。

近年は自分の脚本で取り組んだ作品が無く雇われ仕事に徹し、興行成績も不調で「職人監督」や「やっつけ仕事」という非難もあった。2009年公開の『ダウト 〜偽りの代償〜』(1956年フリッツ・ラング監督作品『条理ある疑いの彼方に』のリメイク)は脚本まで兼任した久しぶりの作品となる。

なお、作品の登場人物や企業名に現れる「スポタ」という名前は妻の旧姓。

主な作品[編集]

作品名 クレジット 備考
監督 脚本 撮影 製作 製作総指揮
1971 愛はひとり
T.R. Baskin
Yes Yes
1974 破壊!
Busting
Yes Yes
1974 さらばハイスクール
Our Time
Yes 日本劇場未公開
1975 Peeper Yes 日本未公開
1977 テレフォン
Telefon
Yes
1977 カプリコン・1
Capricorn One
Yes Yes
1979 ハノーバー・ストリート/哀愁の街かど
Hanover Street
Yes Yes
1980 ハンター
The Hunter
Yes
1981 アウトランド
Outland
Yes Yes
1983 密殺集団
The Star Chamber
Yes Yes
1984 2010年
2010
Yes Yes Yes Yes
1986 シカゴ・コネクション/夢みて走れ
Running Scared
Yes Yes Yes
1987 ドラキュリアン
The Monster Squad
Yes
1988 プレシディオの男たち
The Presidio
Yes Yes
1990 カナディアン・エクスプレス
Narrow Margin
Yes Yes Yes
1992 カウチポテト・アドベンチャー
Stay Tuned
Yes Yes ビデオ版タイトル『チャンネル・アドベンチャー』
1994 タイムコップ
Timecop
Yes Yes
1995 サドン・デス
Sudden Death
Yes Yes
1997 レリック
The Relic
Yes Yes
1999 エンド・オブ・デイズ
End of Days
Yes Yes
2001 ヤング・ブラッド
The Musketeer
Yes Yes
2004 サウンド・オブ・サンダー
A Sound of Thunder
Yes Yes
2009 ダウト 〜偽りの代償〜
Beyond a Reasonable Doubt
Yes Yes Yes 日本劇場未公開
2009 ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション
Universal Soldier: Regeneration
Yes Yes ビデオ映画

外部リンク[編集]