アウトランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウトランド
Outland
監督 ピーター・ハイアムズ
脚本 ピーター・ハイアムズ
製作 リチャード・A・ロス
製作総指揮 スタンリー・オトゥール
出演者 ショーン・コネリー
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 スティーヴン・ゴールドブラット
編集 スチュワート・ベアード
製作会社 ザ・ラッド・カンパニー
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年5月22日
日本の旗 1981年7月25日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $16,000,000
興行収入 $17,374,595[1]
テンプレートを表示

アウトランド』(Outland)は、1981年アメリカ映画ショーン・コネリーが出演した数少ないSF映画である。

あらすじ[編集]

人類が宇宙に進出した近未来、木星の衛星イオにはチタン鉱石採掘のための採掘基地が建設され、数千人の労働者が働いていた。警察業務のため採掘基地へ派遣された保安官のオニールは、労働者が次々と不可解な死を遂げているのを知る。不審に思ったオニールが調査すると、死亡した労働者は皆強力な麻薬を乱用しており、その麻薬は生産能力を上げるため労働者を雇っている採掘会社から密かに受け取ったものだったのだ。麻薬まで使い生産能力を上げようとする採掘会社に単独立ち向かおうとするオニールだが、すでにオニールの元には会社に雇われた殺し屋の手が迫りつつあった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ朝日
ウイリアム・T・オニール ショーン・コネリー 近藤洋介
マーク・B・シェパード ピーター・ボイル 富田耕生
ラザルス医師 フランシス・スターンハーゲン 来宮良子
モントーン巡査 ジェームズ・B・シッキング 小林清志
キャロル・オニール キカ・マーカム 弥永和子

:演出:春日正伸、翻訳:山田小夜子調整:山田太平、効果:新音響、制作:日米通信社、担当:圓井一夫

脚注[編集]

  1. ^ Outland (1981)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]