ハンナ・アーレント (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンナ・アーレント
Hannah Arendt
監督 マルガレーテ・フォン・トロッタ
脚本 マルガレーテ・フォン・トロッタ
パメラ・カッツ
製作 ベッティナ・ブロケンパー
ヨハネス・レキシン
出演者 バルバラ・スコヴァ
音楽 アンドレ・マーゲンターラー
撮影 キャロリーヌ・シャンプティエ
編集 ベッティナ・ベーラー
配給 日本の旗セテラ・インターナショナル
公開 日本の旗 2013年10月26日
上映時間 114分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
フランスの旗 フランス
言語 ドイツ語英語
テンプレートを表示

ハンナ・アーレント』(: Hannah Arendt)はドイツ系ユダヤ人の哲学者であり政治理論家であったハンナ・アーレントを描いた、2012年に製作されたドイツルクセンブルクフランス合作の伝記ドラマ映画マルガレーテ・フォン・トロッタが監督をし、バルバラ・スコヴァが主演を務めた。

概要[編集]

本編中に、1961年にイスラエルナチス戦犯として裁かれたアドルフ・アイヒマンの法廷の記録フィルムが挿入されている[1]

2013年ドイツ映画賞で作品賞銀賞、主演女優賞を、2013年バイエルン映画祭で主演女優賞を受賞した。

アメリカではツァイトガイスト・フィルム社(Zeitgeist Films)が配給をし、同国では2013年5月29日に劇場公開された。

日本では2013年10月26日に岩波ホールで公開され、同ホールでは約10年ぶりに初日から2日連続で満席の観客を集め[2][1]、その後も観客の行列が出る盛況となった[1]。映画の内容と関係するアーレントの著作『イエルサレムのアイヒマン』の翻訳書も、映画公開から2000部が増刷された[1]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「ハンナ・アーレント」 異論貫く生涯 共感 - 東京新聞2013年11月12日
  2. ^ 岩波ホール2日間全回満席、約10年ぶり快挙 - 映画ドットコムニュース(2013年11月5日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]