フィラデルフィア (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィラデルフィア
Philadelphia
監督 ジョナサン・デミ
脚本 ロン・ナイスワーナー
製作 エドワード・サクソン
ジョナサン・デミ
製作総指揮 ゲイリー・ゴーツマン
ケネス・ウット
ロン・ボズマン
出演者 トム・ハンクス
デンゼル・ワシントン
音楽 ハワード・ショア
撮影 タク・フジモト
編集 クレイグ・マッケイ
配給 トライスター
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年12月23日
日本の旗 1994年4月23日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $26,000,000[1]
興行収入 $206,678,440[1]
テンプレートを表示

フィラデルフィア』(Philadelphia)は、1993年アメリカ映画

エイズゲイにまつわる偏見を法廷で覆してゆく物語である。

第66回アカデミー賞では主演男優賞トム・ハンクスが、ブルース・スプリングスティーン歌曲賞を受賞した。第44回ベルリン国際映画祭銀熊賞(男優賞)受賞。 第51回ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)および歌曲賞受賞。


ストーリー[編集]

弁護士アンドリュー・ベケット(トム・ハンクス)は所属する一流法律事務所で上級弁護士を目指しながら、家族・周囲に暖かい善良な人間だった。そんなある日、昇進のかかった訴訟の間際、思いがけぬトラブルに見舞われ、さらにエイズ発症という理由で突然事務所を解雇されてしまう。

これを不当解雇としてアンドリューは訴訟を起こそうとするが、行く先々の弁護士に断られ、かつて相戦った黒人弁護士ジョー・ミラー(デンゼル・ワシントン)にも助けを求めるが、エイズ及びゲイに無関心なジョーもこれを断った。

クリスマスの夜、ジョーは思いがけず図書館でアンドリューを目にする。それは図書館員から差別的扱いを受けようが、真の正義を求めて戦うやせ細った姿だった。歩み寄り声をかけるジョー。

それはひとえに弁護士としての「正義」への信念であり、ベケットとともにこの問題に対して戦う出だしでもあり、一流法律事務所を相手取って訴訟を起こすという、前代未聞な法廷劇の幕開けでもあった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アンドリュー・ベケット弁護士 トム・ハンクス 田中秀幸
ジョー・ミラー弁護士 デンゼル・ワシントン 安原義人
チャールズ・ウィーラー社長 ジェイソン・ロバーズ 坂口芳貞
ベリンダ・コーニン弁護士 メアリー・スティーンバーゲン 高島雅羅
ミゲール・アルヴァレス アントニオ・バンデラス 中田和宏
サラ・ベケット ジョアン・ウッドワード 谷育子
ボブ・サイドマン ロン・ボーター 小室正幸
ウォルター・ケントン ロバート・リッジリー 仲野裕
ガーネット裁判長 チャールズ・ネイピア 宝亀克寿
リサ・ミラー リサ・サマーラー 堀越真己
Mr.レアド ロジャー・コーマン
図書館員 トレイシー・ウォルター

作品解説[編集]

作品の舞台がフィラデルフィアなのは、その名がギリシア語で「兄弟愛」を意味することと、アメリカ合衆国の最初の首都だったことに由来する。

出典[編集]

  1. ^ a b Philadelphia (1993)”. Box Office Mojo. 2010年7月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]