亀も空を飛ぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
亀も空を飛ぶ
Kûsiyan jî dikarin bifirin
監督 バフマン・ゴバディ
脚本 バフマン・ゴバディ
製作 ババック・アミニ
ハミッド・ゴバディ
ハミッド・ガヴァミ
バフマン・ゴバディ
製作総指揮 ガザリ・アバス
音楽 ホセイン・アリザデー
撮影 シャーリヤル・アサディ
配給 日本の旗 オフィスサンマルサン
公開 フランスの旗 2005年2月23日
日本の旗 2005年9月17日
上映時間 97分
製作国 イラクの旗 イラク
イランの旗 イラン
フランスの旗 フランス
言語 クルド語
テンプレートを表示

亀も空を飛ぶ』(かめもそらをとぶ、クルド語: Kûsiyan jî dikarin bifirinフランス語: Les tortues volent aussi英語: Turtles Can Fly)はバフマン・ゴバディ監督・脚本による2004年イラクイランフランス映画。フセイン政権崩壊後にイラクで制作された初めての映画である。アメリカ合衆国による侵攻直前のクルド系の地域の戦争に傷つきながら生きる子供たちを神話的に描き、2005年ベルリン国際映画祭Glass Bear賞や、ロッテルダム国際映画祭観客賞受賞など国際的に高い評価を受けた。出演しているのは実際の戦災孤児たちである。日本では2005年に岩波ホールで公開された。

ストーリー[編集]

舞台はフセイン政権崩壊直前のイラクのクルド人居留地。大人たちが戦争に混乱し、威厳を失っていく一方で、小才の効く少年サテライトは衛星アンテナの設置や地雷除去のまとめ役として、戦争に痛めつけられた子供たちのリーダーになっていた。そんな彼の前に幼児を連れた少女アグリンと、彼女の兄で腕を失ったヘンゴウがあらわれる。サテライトは彼らと親しくなろうとするが、アグリンの心は落ち着かず、超越的な予知能力を持ったヘンゴウは不吉な予感に悩まされていた。やがてアグリンはイラク兵にレイプされてできた子供を殺してしまい、自分も自殺してしまう。そしてアメリカ軍がイラクへと侵攻し「戦争」は終わる。

キャスト[編集]

  • ソワン・イブラヒム: サテライト
  • アワズ・ラティフ: アグリン
  • ヒラシュ・ファシル・ラーマン: ヘンゴウ

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本: バフマン・ゴバディ
  • 製作:ババック・アミニ、ハミッド・ゴバディ、ハミッド・ガヴァミ、バフマン・ゴバディ
  • 撮影:シャーリヤル・アサディ
  • 音楽:ホセイン・アリザデー

外部リンク[編集]