スモーク (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スモーク
Smoke
監督 ウェイン・ワン
脚本 ポール・オースター
製作 ピーター・ニューマン
グレッグ・ジョンソン
黒岩久美
堀越謙三
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
井関惺
出演者 ハーヴェイ・カイテル
ウィリアム・ハート
ストッカード・チャニング
ハロルド・ペリノー・Jr
フォレスト・ウィテカー
音楽 レイチェル・ポートマン
撮影 アダム・ホレンダー
編集 メイジー・ホイ
クリストファー・テレフセン
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年6月9日
日本の旗 1995年10月7日
ドイツの旗 1995年10月19日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
次作 ブルー・イン・ザ・フェイス
テンプレートを表示

スモーク』(Smoke)は、1995年公開のアメリカ日本ドイツ合作映画。製作会社はミラマックスで、監督はウェイン・ワン。原作である『オーギー・レンのクリスマス・ストーリー』を書き下ろしたアメリカの作家ポール・オースターは映画化に際し脚本も担当。主演はハーヴェイ・カイテルウィリアム・ハート。第45回ベルリン国際映画祭審査員特別賞受賞作品。

スタッフ[編集]

メインキャスト[編集]

その他[編集]

  • ジミー・ローズ(Jimmy Rose):ジャレッド・ハリス
    • オーギーの店で働く長髪の青年。
  • フェリシティ(Felicity):アシュレー・ジャッド(吹替:田中敦子
    • ルビーの娘。スラム街でボーイフレンドと共に暮らしている。
  • ドリーン・コール(Doreen Cole):エリカ・ギンペル
    • サイラスの妻。美容師を営む。
  • ヴィニー(Vinnie):ヴィクター・アルゴ
    • オーギーの経営する煙草の販売店のオーナー。
  • エマ(Em):ミシェル・ハースト
    • トーマスの叔母。両親のいないトーマスを育てた。
  • チャールズ・クリム(Charles Clemm):マリク・ヨバ
    • 「キレたクリム」とあだ名されるならず者。盗んだ金を持って逃げたトーマスを追っている。

ストーリー[編集]

ブルックリンの街角で小さな煙草屋を営むオーギー・レンは、10年以上毎日同じ時刻の同じ場所で[1]写真を撮影していた。煙草屋の常連で、オーギーの親友でもあるポール・ベンジャミンは作家であるが数年前に銀行強盗の流れ弾で妻を亡くして以来仕事が手につかず悩んでいた。ポールが道端をボンヤリと歩き、危うく自動車に轢かれそうになったところ、一人の少年が彼を助け出した。ラシードと名乗るその少年に感謝したポールは彼を自分の家に泊めてやる。2晩泊まった後にラシードは家を出て行ったがその数日後にラシードの叔母を名乗る女性が現れた。ラシードの本名はトーマス・コールといい、偽名を使って各地を転々としていたのだ。その頃トーマスは生き別れた父親のサイラスに会いに、サイラスが営むガソリンスタンドを訪れた。そこでトーマスは以前世話になったポールの名前を偽名として用い、アルバイトしてサイラスの下で働くこととなった。後日、トーマスはポールの元を再訪。ポールは先日トーマスの叔母が自分の元を訪れた経緯を述べ、「ラシード」に本名を問い詰めるのであった…

  1. ^ at the corner of Third Street and Seventh Avenue at eight o’clock in the morning

エピソード[編集]

  • ウィリアム・ハート演じる「Paul Benjamin」の役名は、原作者であるポール・オースターの名前(Paul)とオースターのセカンドネームである「Benjamin」の組み合わせたものである。
  • 父親役のフォレスト・ウィテカーと息子役のハロルド・ペリノー・Jrとの年齢差は7つしかない。
  • 脚本の中の細かい台詞は出演者たちによって即興的に書かれた。

外部リンク[編集]