フライド・グリーン・トマト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フライド・グリーン・トマト
Fried Green Tomatoes
監督 ジョン・アヴネット
脚本 ファニー・フラッグ
キャロル・ソビエスキー
原作 ファニー・フラッグ
製作 ジョン・アヴネット
ジョーダン・カーナー
製作総指揮 アンドリュー・メイヤー
アン・マリー・ギレン
トム・テイラー
ノーマン・レアー
出演者 キャシー・ベイツ
ジェシカ・タンディ
メアリー・スチュアート・マスターソン
メアリー=ルイーズ・パーカー
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 ジェフリー・シンプソン
編集 デブラ・ニール=フィッシャー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 アスキー映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年12月27日
日本の旗 1992年6月6日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $119,418,501[1]
テンプレートを表示

フライド・グリーン・トマト』(Fried Green Tomatoes)は、1991年に製作されたアメリカ映画

原作は、1987年に発表されたファニー・フラッグ小説Fried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe』。

「ホイッスル・ストップ・カフェ」を経営する2人の女性の出来事を、老人ホームの老婆が語る形式のドラマ。タイトルの「フライド・グリーン・トマト」というのはカフェの名物料理のことで、青いトマトをスライスし、衣をつけてフライパンで揚げたもの。

ジェシカ・タンディアカデミー助演女優賞にノミネート。

ストーリー[編集]

ジョージア州に住む主婦エヴリンは、子供たちも独立し、自分に無関心な夫エドへの愛情も失せつつあった。そんなある日、叔母への面会で訪ねた老人ホームで、はつらつと元気な老女ニニーに出会う。怠惰な生活を送るエヴリンに、ニニーはそっと昔話を聞かせ始めた。

――その昔、南部アラバマの小さな町に暮らす少女イジーは、最愛の兄バディを突然の事故で亡くしてしまう。そんな失意のイジーに優しく寄り添ったのは、バディの恋人ルースであった。愛する人を失った二人は、深い友情で結ばれていく。やがて月日が流れ、ルースは結婚。しかし、その夫フランクは差別主義者で暴力も厭わない男であった。妊娠していたルースにイジーは救いの手を貸し、二人は黒人ホームレスたちも迎え入れる食堂「ホイッスル・ストップ・カフェ」を経営し始める。だがその後も、フランクやクー・クラックス・クラン(KKK)の連中などから脅迫され続けていた。そんなある日、フランクが突然行方不明になる。犯人とされ裁判にかけられたイジーだったが、結局フランクは見つからないまま、最後には無罪となる。裁判を見届けたあと、病身のルースは静かに天へ旅立っていった。残されたイジーと仲間たちは、共に力強く生きていくことを決意する――。

エヴリンはその話にすっかり心を打たれ、希望を見い出していく。やがて老人ホームを出たニニーを、自宅に迎え入れて新しい人生を歩み始めようと決めたのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エヴリン・カウチ キャシー・ベイツ 小宮和枝
ニニー・スレッドグッド ジェシカ・タンディ 麻生美代子
イジー メアリー・スチュアート・マスターソン 小林優子
ルース メアリー=ルイーズ・パーカー 佐々木優子
バディ クリス・オドネル 松本保典
シプシー シシリー・タイソン 竹口安芸子
エド ゲイラード・サーテイン 茶風林
ビッグ・ジョージ スタン・ショウ
フランク ニック・サーシー

備考[編集]

映画版では、イジーとルースの関係は単に「親友同士」とされており、原作における同性愛はほぼ消されている。フェミニスト作家のスージー・ブライトは、ドキュメンタリー映画『セルロイド・クローゼット』の中でこの点について言及し、非常に憤りを感じたと語っている。

また作中のキャシー・ベイツによる台詞「私はもう太った化け物じゃない」は、この前年に彼女が主演した映画『ミザリー』へのオマージュ。ジェシカ・タンディも主演した『ドライビング Miss デイジー』を連想させる台詞がある。

出典[編集]

  1. ^ Fried Green Tomatoes (1991)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年12月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]