サッド ヴァケイション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッド ヴァケイション
監督 青山真治
脚本 青山真治
原作 青山真治
製作総指揮 甲斐真樹
若杉正明
熊澤芳紀
出演者 浅野忠信
石田えり
宮崎あおい
音楽 長嶌寛幸
撮影 たむらまさき
編集 大重裕二
製作会社 キリシマ1945
配給 スタイルジャム
公開 日本の旗 2007年9月8日
上映時間 136分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
中国語
テンプレートを表示

サッド ヴァケイション』は、青山真治監督による2007年日本映画。『Helpless』『EUREKA』に続く“北九州サーガ”の第三作。第64回ヴェネツィア国際映画祭ではオリゾンティ部門のオープニング作品として上映された。さらに、第32回トロント国際映画祭と第12回釜山国際映画祭へ正式出品されている。

2006年10月から12月にかけて撮影され、2007年4月に完成、同9月に全国公開された。若戸大橋平尾台をはじめとして、すべての場面が北九州市内で撮影されている。なお、『Helpless』の映像の一部が引用されている。

ストーリー[編集]

中国人の密航を手助けしていた健次は、中国人マフィアから逃げるため運転代行に転職した。ある日、泥酔客を送って行った先は、若戸大橋を間近に見上げる小さな運送会社の間宮運送。そこで健次はかつて自分を捨てていった母の千代子を目撃する。様々な過去を持つ流れ者たちで構成される間宮運送で働き始めた健次だが、千代子への積年の復讐心と日増しに大きくなる母性とのあいだで葛藤する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]