ピアニストを撃て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピアニストを撃て
Tirez sur le pianiste
監督 フランソワ・トリュフォー
脚本 フランソワ・トリュフォー
マルセル・ムーシー
原作 デイビッド・グーディス
製作 ピエール・ブラウンベルジェ
出演者 シャルル・アズナヴール
マリー・デュボワ
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
撮影 ラウール・クタール
編集 セシル・ドキュジス
配給 フランスの旗 コシノール
日本の旗 新外映配給
公開 フランスの旗 1960年11月25日
日本の旗 1963年7月23日
上映時間 84分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

ピアニストを撃て』(原題: Tirez sur le pianiste, 英題: Shoot the Piano Player)は、フランソワ・トリュフォーの監督による、1960年フランスの長編映画である。モノクロ作品。

原作はデイビッド・グーディスの小説『ピアニストを撃て』(1956年発表)。プロットの大筋は典型的パルプ・フィクション小説である原作を踏まえているが、舞台はアメリカからフランスに移され、登場人物たちの性格にも改変を加えている。

揺れるカメラ、アメリカB級犯罪映画やハードボイルド映画を思わせるハチャメチャなストーリー、脈絡のないカット等と非常にヌーヴェルヴァーグらしい作品。

ストーリー[編集]

パリのカフェ「マミイ」でピアノを弾くシャルリ・コレールの正体は、かつて世間を賑わせたアルメニア出身の天才ピアニスト、エドゥアール・サローヤンである。彼はかつての妻との間に起こった、ある悲しい出来事が元で、人生にすっかり絶望していた。そんな彼に思いを寄せる店の給仕女レナは、なんとかして彼の心を開かせたいと思っていた。ある日、シャルルの弟でやくざ者のシコが助けを求めてきて、2人は嫌々ながらもギャングの抗争に巻き込まれてしまう。

キャスト[編集]

解説[編集]

  • タイトルの「ピアニストを撃て」は、かつてアメリカ19世紀西部開拓時代の酒場では、貴重な人材であるピアニストを喧嘩騒ぎの殺し合いから保護するために「ピアニストを撃たないでください」と貼り紙がしてあったという逸話から。
  • 本来はシンガーソングライターであるアズナヴールの、映画俳優としての代表作でもある。役柄のシャルリ同様、アズナヴールもアルメニア系。
  • 「サローヤン」はトリュフォーの愛読書『空中ブランコに乗った勇敢な若者』の作者ウィリアム・サローヤンから。「シャルリ」はチャップリン演じる浮浪者チャーリーのフランスでの愛称「シャルロ」から。
  • シャルリがベッドの中で乳房をまるだしにしている娼婦に対して「映画ではこうするのさ」と言うシーンは、当時の映画における性の表現の偽善に対するトリュフォー監督の皮肉である。実際、この映画以降、ベッドシーンで女性の乳房をシーツで隠す演出が無くなった。
  • 2人組のギャングの車を追い越すトラックには『カイエ・デュ・シネマ』誌の表紙のポスターが貼られている。
  • カフェでのラストシーンは、原作の感傷的なモノローグを排除した、沈鬱な演出で閉じられている。

外部リンク[編集]