ユルマズ・ギュネイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
YILMAZ GUNEY--1-4-1937-9-9-1984 2013-05-15 05-34.jpg

ユルマズ・ギュネイ(Yılmaz Güney, 1937年 - 1984年)はトルコ出身の映画監督脚本家俳優である。

略歴[編集]

アダナ近郊の生まれ。父はザザ人、母はクルド人。大学卒業後に俳優となったが、作家でもあった彼の小説が反社会的だとしてトルコ当局によって投獄された。出獄後に俳優業を再開し、二枚目俳優として非常に多くのトルコ映画に出演した。

1970年より自分のプロダクション会社から監督作品を発表しはじめたが、トルコ政府によって上映禁止となった。その後も何度も投獄され、獄中から代理監督をたてて何本もの映画を製作した。

1982年の『路』で第35回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。この映画は獄中から監督した映画の一本で、撮影後、仮出所の際に脱走してフランスで映画を仕上げたという。

1984年に亡命先のパリで癌により死去した。

主な監督作品[編集]

  • 希望 (1970)
  • エレジー (1971)
  • 群れ (1978)
  • 敵 (1979)
  • (1982)
  • 壁 (1983)