ピクニック (1955年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピクニック
Picnic
監督 ジョシュア・ローガン
脚本 ウィリアム・インジ
原作 ダニエル・タラダッシュ
製作 フレッド・コールマー
出演者 ウィリアム・ホールデン
キム・ノヴァク
ロザリンド・ラッセル
音楽 ジョージ・ダニング
撮影 ジェームズ・ウォン・ハウ
編集 ウィリアム・A・ライオン
チャールズ・ネルソン
製作会社 コロンビア映画
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年11月
日本の旗 1956年3月14日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 6,300,000ドル(北米配収)
テンプレートを表示

ピクニック』(Picnic)は、1955年に製作・公開されたアメリカ映画

概要[編集]

1953年ブロードウェイで初演され、ロングランを続け、ピュリッツァー賞を受賞したウィリアム・インジ[1]の戯曲『ピクニック』の映画化。舞台演出もしたジョシュア・ローガンが監督、ウィリアム・ホールデンキム・ノヴァクが主演した。

シネマスコープ作品として撮影されている。

ストーリー[編集]

9月の第1月曜日――労働休日の朝、ハルという若者がカンサスの小さな町に貨車から降りる。無一文だが、ようやく線路沿いにあるポッツ家の庭仕事で朝飯にありつく。上半身裸で仕事をする姿が、庭つづきのオウェンス家から見える。離婚したフロー夫人、姉娘マッジ、妹娘ミリー、同居人のローズマリーの4人暮らしだ。ハルは大学時代の友人アランを頼って町にきたのだが、穀物倉庫を手広く経営するアランは歓迎してくれる。

夏の最後の一夜を楽しむために、町中総出でピクニックに出かける習慣がある。マッジはアランと、ローズマリーはハワードと、ハルもアランから自動車を借りてミリーと参加する。禁酒のカンサス州なのに、ハワードがウィスキーを忍ばせて来る。教師のローズマリーはウィスキーのおかげで陽気になり、ダンスを始めるが、ミリーは踊り方を知らない。見かねたハルが踊って見せる。近づいて来たハルとマッジの踊りに周囲の人たちも溜息をもらす。ローズマリーがハルにからみ出した頃、ミリーが悪酔いをして大騒ぎ。すべてがハルの仕業とされる。そんなハルをマッジが慰める。ひねくれ気味のハルにマッジの体が押しかかり、2人の唇が合わされる。マッジを取られた腹いせにアランがハルを自動車泥棒だと訴え、町を追い出される。

その夜、隣町のハワードの家に泊まったハルはこっそりマッジを呼び出して結婚を申し込むが、返事を聞かないうちに貨車が来たので飛び乗る。フロー夫人は「女が美しいのは数年だけ、まだ19、来年は20、次は21、すぐに40よ」[2]と送り出す。間もなく、ハルを追ってマッジがバスに乗った。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョシュア・ローガン
  • 製作:フレッド・コールマー
  • 脚色:ダニエル・タラダッシュ
  • 音楽:ジョージ・ダニング
  • 撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ
  • 編集:チャールズ・ネルソン、ウィリアム・A・ライオン
  • プロダクションデザイン:ジョー・ミールツィナー
  • 美術:ウィリアム・フラネリー
  • 装置:ロバート・プリーストリー
  • 衣裳:ジャン・ルイ

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ウィリアム・インジ(英語)はアメリカの劇作家(1913-1973)。この作品で一流の劇作家の一人とみなされるようになった。他に『愛しのシバよ帰れ』があり、映画になった舞台作品に『バス停留所 (映画)』『草原の輝き (映画)』などがある。
  2. ^ 有名なセリフである。
    Flo Owens: If she loses her chance when she's young, she might as well throw all her prettiness away.
    Madge Owens: I'm only 19.
    Flo Owens: And next summer you'll be 20, and then 21, and then 40.
    Madge Owens: You don't have to be morbid.

外部リンク[編集]