ビクトル・エリセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビクトル・エリセ
Víctor Erice
本名 ビクトル・エリセ・アラス
Víctor Erice Aras
生年月日 1940年6月30日(73歳)
出生地 バスク自治州ビスカヤ県カランサ
国籍 スペインの旗 スペイン
職業 映画監督脚本家
主な作品
ミツバチのささやき

ビクトル・エリセVíctor Erice, 1940年6月30日 - )はスペイン出身の映画監督脚本家である。本名、ビクトル・エリセ・アラス(Victor Erice Aras)。

略歴[編集]

映画学校で学びながら、映画雑誌に批評や評論などを書いて生計を立てていた。1964年、兵役についていたのち、溝口健二の『山椒大夫』を見て大きな感銘を受け、除隊後は映画一筋に生きる道を決意する。その際、「人生を凌駕する、人生を越える映画が存在する」と悟った。68年、オムニバス映画『挑戦』の一編で監督デビュー。卓抜な演出と映画への飛びぬけた感性で一躍名を知らしめた、73年の『ミツバチのささやき』が、同年サン・セバスティアン国際映画祭でグランプリ。

第二作長編『エル・スール』でも高い評価を受け、第三作長編『マルメロの陽光』で、カンヌ国際映画祭審査員賞、国際批評家連盟賞受賞。10年に1本しか撮らない(もしくは撮れない)、大変寡作な監督として知られているが、これまでの作品はすべて非常に高い評価を得ている。

『10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス』は、数人の監督がそれぞれ10分の短編を集めたオムニバス映画である。

幼少からジョン・フォードのファンである事でも知られる。

2006年、マドリードアッバス・キアロスタミ監督との映像による往復書簡を展示。

主な監督作品[編集]

外部リンク[編集]