ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
Villon's Wife
監督 根岸吉太郎
脚本 田中陽造
原作 太宰治
ヴィヨンの妻
製作 亀山千広
山田美千代
田島一昌
杉田成道
製作総指揮 石原隆
直井里美
酒井彰
出演者 松たか子
浅野忠信
音楽 吉松隆
撮影 柴主高秀
編集 川島章正
配給 東宝
公開 日本の旗 2009年10月10日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』(ヴィヨンのつま おうとうとタンポポ、英:Villon's Wife)は、2009年日本映画。原作は太宰治の小説『ヴィヨンの妻』。PG-12指定。監督した根岸吉太郎はこの作品で第33回モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を受賞した。

ストーリー[編集]

戦争直後の東京。才能ある小説家・大谷穣治は小料理屋「椿屋」に酒のつけが2万円たまっていた。12月23日頃に大谷は椿屋から五千円を盗んでくる。そこで妻・佐知は、その件を警察沙汰にしない代わりに椿屋で働かせてもらうことにする。佐知はその美貌から椿屋で人気を得るが、大谷はその人気に嫉妬し、客の一人・岡田と佐知の関係に疑念を抱く。大谷は愛人・秋子と心中を図るが未遂に終わる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

外部リンク[編集]