東京公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京公園
監督 青山真治
脚本 青山真治
内田雅章
合田典彦
原作 小路幸也
製作 (「東京公園」製作委員会)
ディーライツ
アミューズ
ショウゲート
日活
メモリーテック
Yahoo! JAPAN
博報堂DYメディアパートナーズ
製作総指揮 齋藤寛朗
山崎康史
出演者 三浦春馬
榮倉奈々
小西真奈美
井川遥
音楽 青山真治
山田勲生
撮影 月永雄太
編集 李英美
製作会社 ディーライツ
配給 ショウゲート
公開 日本の旗 2011年6月18日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東京公園』(とうきょうこうえん)は、小路幸也小説、ならびにそれを原作とする青山真治監督による2011年日本映画。第64回ロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)審査員特別賞を受賞した[1]

あらすじ[編集]

志田光司(三浦春馬)は、写真家志望の大学生だ。光司は、彼にしか見えない高井ヒロの幽霊(染谷将太)と同居している。ヒロの恋人だった富永美優(榮倉奈々)は、たまに鍋料理などを持って光司の家を訪ねてくる。光司は、原木健一(宇梶剛士)の経営するバーでアルバイトしており、光司の義理の姉である美咲(小西真奈美)と富永は、ここの常連客である。

光司が公園で写真を撮っていると、歯科医の初島隆史(高橋洋)が声をかけてくる。初島百合香(井川遥)を尾行し、彼女の写真を撮ってほしいのだという。光司は、その女性のことを知らないながらも、仕方なく依頼を引き受けることにする。

母が倒れたと聞いた光司は、美咲と一緒に、両親のいる伊豆大島へ向かう。母を見舞いに行った夜、光司と美咲は両親の家で初島のことや富永のことについて語り合う。翌日、父に連れられて光司とともに筆島を訪れた美咲は、静かに涙を流す。

光司が大島での出来事を富永に話すと、彼女は彼に美咲を撮るよう勧める。光司は美咲のマンションを訪れ、彼女の写真を撮る。やがて光司は美咲に近づき、接吻する。2人は「姉さんが姉さんで良かった」「光司が弟で良かった」と言葉を交わし、別れる。美咲は、しばらく大島で暮らすことを父に伝える。

光司は、依頼された仕事はもう辞めることにした、と初島に告げる。最後に、百合香が娘と巡った公園の位置を地図上でつなぎあわせるとアンモナイトのような螺旋状だった、と報告すると、百合香の浮気を疑っていた初島は驚く。アンモナイトは初島が百合香に贈った最初のプレゼントだったのだ。光司は、初島から謝礼を受け取る代わりに、初島に自分のデジタルカメラを手渡す。

バックパックを背負った富永が光司の家を訪れる。頼れるのは光司だけだという富永を光司は受け入れ、2人は同居することになる。ヒロの幽霊は、いつのまにか姿を消していた。

光司が富永と一緒にホームセンターへ向かうと、そこには、娘を連れた仲睦まじい初島夫妻の姿があった。お互いに無言で会釈を交わす。富永は「良かったじゃん」と言って微笑む。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

評価[編集]

第64回ロカルノ国際映画祭にて金豹賞審査員特別賞を受賞[1]。第85回キネマ旬報ベスト・テンにて第7位に選ばれた[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]