ゲロッパ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲロッパ!
監督 井筒和幸
脚本 羽原大介
井筒和幸
出演者 西田敏行
常盤貴子
音楽 馨紀子
撮影 山本英夫
編集 冨田伸子
製作会社 シネカノン
電通
ハピネット・ピクチャーズ
グッドニュー
メモリーテック
アーティストフィルム
配給 シネカノン
公開 日本の旗 2003年8月16日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ゲロッパ!』(Get Up!)は、2003年公開の日本映画

あらすじ[編集]

あと数日で収監されるヤクザの親分・大介は、刑務所に入る最後の願いとして、離れ離れになってしまった娘・かおりに会いにいくことにする。しかし彼にはもうひとつ心残りなことがあった。それは、彼が大ファンのジェームス・ブラウン(以下、J・B)のコンサートに行く事だった。

そんな中で唐突に大介の口から飛び出した組の解散に子分一同は混乱した。一方、大介の長年の弟分でもある金山は太郎たちにJ・Bを大介に会わせれば組の解散話を撤回できるかもしれないと話し、太郎たちにJ・Bの拉致に行かせる。しかし、J・Bをよく知らない太郎たちはラグーナ蒲郡でモノマネショーを行うために来日していたJ・Bのそっくりさんウィリーを拉致してしまう。喜び勇んで金山のマンションへウィリーを連れて行く太郎たちだったが、ニセモノと分かり金山の逆鱗に触れてしまう。

その後、J・Bの関係者に接触を試みるが失敗に終わり手詰まりとなったが、前日に遭遇した内閣情報調査室員・木下らとのやり取りから、ウィリーが何らかの機密情報を握っていてそれを使って大金を得て本物のJ・Bを連れて来られると踏んだ金山たちは計画を変更しラグーナ蒲郡へ向かう。

一方、大介はかおりの家を見つけ出し、会いに行くがそこにはおらず、孫の歩とともにかおりがプロデュースしているモノマネショーを行っているラグーナ蒲郡へ向かう。大介はかおりと再会するが、かおりは拒絶する。落胆する大介だったが、歩から、施設の支配人・田中が「一人でも出演者が欠けたら契約不履行でギャラはなし」という話を聞かされ、自分がステージに立ち、J・Bの大ヒットナンバーである「Get Up (Sex Machine)」を熱唱し、さらにショー出演者のウィリー本人が登場して見事契約を完遂しギャラを支払ってもらい、さらにショーも大成功させる。

かおりは太郎たちから大介がかおりに会うために様々な苦労をしてきたという話を聞かされ、かおりの大介に対する長年のわだかまりも解ける。そして収監の日、金山が機密情報(総理の恥ずかしい写真)をゲットしたことから超法規的措置が取られ大介は無罪放免となり、かおりと一緒に歩の学校の創立記念式典に出席した大介は、みんなでダンスに興じるのだった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画賞[編集]

外部リンク[編集]