ルネ・クレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルネ・クレール
René Clair
René Clair
帽子の作曲家エリック・サティとサングラスのクレール (1924年
本名 ルネ=ルシアン・ショメット
René-Lucien Chomette
生年月日 1989年11月11日
没年月日 1981年3月15日(満-9歳没)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
死没地 フランスの旗 フランス オー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌ
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1924年 - 1965年
主な作品
巴里の屋根の下
自由を我等に

ルネ・クレールRené Clair、本名:ルネ=ルシアン・ショメットRené-Lucien Chomette, 1898年11月11日 - 1981年3月15日) は、フランス映画監督脚本家映画プロデューサーで「詩的レアリスム」(ジョルジュ・サドゥール)の監督といわれる。

来歴[編集]

1898年11月11日パリでルネ=ルシアン・ショメットとして生まれ、エミール・ゾラが「パリの胃袋」と呼んだ中央卸売市場のあったレ・アル地区で育った。その後、リセ・モンテーニュとリセ・ルイ・ル・グランの元で学んだ。第一次世界大戦では衛生兵として参加して救急車を運転した。戦後、ルネ・デスプレの名でジャーナリストとなった。シャンソン歌手のダミアに歌詞を提供したことから、ダミアに紹介されて映画に出演した。出演した映画にロシアのヤーコフ・プロタザノフ監督の『死の意味』(1921年)、ルイ・フイヤード監督でサンクトペテルブルグ出身のサンドラ・ミロヴァノフ主演の『孤児の娘』(1921年)があり、革命から逃げてきた白系ロシア人たちとの交流が生まれる。

1922年からブリュッセルで映画技法を学んだ。1924年、監督処女作となる『眠る巴里』(Paris qui dort)、次いでアヴァンギャルド短編『幕間』を発表した。ロシア領ポーランド生まれの舞台装置家ラザール・メールソン(Lazare Meerson)などと知り合う。以後、『巴里の屋根の下』(1930年)で「詩的レアリスム」の監督として評価されることになる。『自由を我等に』(1931年[1]など、詩情と諧謔と風刺に溢れる多くの映画を発表した。喜劇の『最後の億万長者』(1934年)は日本では評価されたものの、失敗したことから映画プロデューサーアレクサンダー・コルダに誘われて1935年からはイギリスに渡り、『幽霊西へ行く』(1935年)など2本の作品を発表した。

第二次世界大戦時にはハリウッドに移り、『奥様は魔女』(1942年)やアガサ・クリスティー原作の『そして誰もいなくなった』(1945年)など5本の作品を発表したが、ヴィシー政権からは国籍を剥奪された。戦後、1947年の『沈黙は金』でフランス映画界に復帰した。

その後も『悪魔の美しさ』(1950年)や『夜ごとの美女』(1952年)、『夜の騎士道』(1955年)などを発表し、高く評価された。1953年にはケンブリッジ大学から名誉教授号が授与された。同年、シネマフランセのグランプリを受賞した。1960年にはアカデミー・フランセーズの会員に選出された。1970年には大阪万国博覧会のために来日した。

1981年3月15日ヌイイ=シュル=セーヌで死去した。

人物[編集]

ジャック・フェデージャン・ルノワールジュリアン・デュヴィヴィエマルセル・カルネと並んで、古典フランス映画における「ビッグ5」(「詩的レアリスム」)の一人として知られる。映画監督のアンリ・ショメットは兄弟である。

監督作品[編集]

  • 幕間 - Entr'acte (1924年) 短編
  • 眠るパリ Paris qui dort (1924年) 短編
  • Le fantôme du Moulin-Rouge (1925年)
  • Le voyage imaginaire (1926年)
  • La proie du vent (1927年)
  • イタリア麦の帽子 Un chapeau de paille d'Italie (1928年)
  • Les deux timides (1928年)
  • 巴里の屋根の下 Sous les toits de Paris (1930年)
  • ル・ミリオン Le Million (1931年)
  • 自由を我等に À nous la liberté (1931年)
  • 巴里祭 Quatorze Juillet (1932年)- フランソワ・トリュフォーは『巴里の屋根の下』『『ル・ミリオン』を「パリ三部作」と呼び、「幸福な映画作家だったと言っていい」という[2]
  • 最後の億萬長者 Le dernier milliardaire (1934年)
  • 幽霊西へ行く The Ghost Goes West (1935年)
  • Break the News (1938年)
  • 焔の女 The Flame of New Orleans (1941年)
  • 奥様は魔女 I Married a Witch (1942年)
  • 提督の館 Forever and a Day (1943年)
  • 明日を知った男 It Happened Tomorrow (1944年)
  • そして誰もいなくなった And Then There Were None (1945年)
  • 沈黙は金 Le Silence est d'or (1947年)
  • 悪魔の美しさ La Beauté du diable (1950年)
  • 夜ごとの美女 Les Belles de nuit (1952年)
  • 夜の騎士道 Les Grandes manoeuvres (1955年)
  • リラの門 Porte des Lilas (1957年)
  • フランス女性と恋愛 La Française et l'amour (1960年)
  • Tout l'or du monde (1961年)
  • Les fêtes galantes (1965年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ チャーリー・チャップリンの『モダン・タイムス』が酷似しているとドイツの製作会社トビス社(Tobis Film)が告訴したが、証人に立ったクレールが「もし『モダン・タイムス』が自分の映画からヒントを得ているならば、光栄に思う」と証言して告訴は取り下げになった。
  2. ^ 山田宏一蓮實重彦『トリュフォー 最後のインタビュー』(平凡社 2014年p.531)。

外部リンク[編集]

前任:
フェルナン・グレッグ
アカデミー・フランセーズ
席次19

第20代:1960年 - 1981年
後任:
ピエール・モワノー