明日は来らず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明日は来らず
Make Way for Tomorrow
監督 レオ・マッケリー
脚本 ヴィナ・デルマー英語版
原作 ジョセフィン・ローレンス英語版
ヘンリ・リアリー
ノーラン・リアリー
製作 レオ・マッケリー
アドルフ・ズーカー英語版
出演者 ヴィクター・ムーア英語版
ボーラ・ボンディ
音楽 ジョージ・アンタイル
ヴィクター・ヤング
撮影 ウィリアム・C・メラー英語版
編集 ルロイ・ストーン
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1937年5月9日
日本の旗 1937年7月
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

明日は来らず』(Make Way for Tomorrow)は、レオ・マッケリー監督による1937年のアメリカ合衆国のドラマ映画である。ヴィクター・ムーア英語版ボーラ・ボンディが演じる老夫婦の自宅が売却され、子供たちに別々に引き取られて離れるという物語である。ジョセフィン・ローレンス英語版の小説『The Years Are So Long』及びそれを原作としたヘンリ・リアリーとノーラン・リアリーの舞台を基にヴィナ・デルマー英語版が脚本を執筆した。

マッケリーは本作を自身の最高傑作であると確信したが[1]、同年のアカデミー監督賞には『新婚道中記』によってノミネートされた。

2010年にアメリカ議会図書館によってアメリカ国立フィルム登録簿に選ばれた[2][3]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]