聖メリーの鐘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖メリーの鐘
The Bells of St. Mary's
監督 レオ・マッケリー
脚本 ダドリー・ニコルズ
製作 レオ・マッケリー
出演者 ビング・クロスビー
イングリッド・バーグマン
音楽 ロバート・エメット・ドーラン
撮影 ジョージ・バーンズ
編集 ハリー・メーカー
配給 アメリカ合衆国の旗 RKO
日本の旗 RKO/セントラル
公開 アメリカ合衆国の旗 1945年12月6日
日本の旗 1948年7月
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 我が道を往く
テンプレートを表示

聖メリーの鐘』(セントメリーのかね、The Bells of St. Mary's)は、1945年アメリカ映画ドラマ。経営難に陥っている「聖メリー教会」に赴任してきたカトリック司祭が、教会とその付属機関である学校を再建するまでを描く。

アカデミー作品賞を受賞した『我が道を往く』の続編。本来は『聖メリーの鐘』の方が先に製作が開始され未完のまま、続編として『我が道を往く』の製作がスタートした。その結果『我が道を往く』の方が先に完成・公開され、一般的には『我が道を往く』が前編、『聖メリーの鐘』が続編とされる場合が多いが、逆と記される場合もしばしばある。

アカデミー作品賞にノミネートされた。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]