ルイーズ・ビーヴァース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーズ・ビーヴァース
Louise Beavers
Louise Beavers
ルイーズ・ビーヴァース(左)、キャロル・ロンバード(右)
生年月日 1902年3月8日
没年月日 1962年10月26日(満60歳没)
出生地 オハイオ州シンシナティ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ルイーズ・ビーヴァース(Louise Beavers, 1902年3月8日1962年10月26日)はアフリカ系アメリカ人映画女優。1920年代から1930年代まで多数の映画に出演。特にメイド使用人奴隷の役が多かった。オハイオ州シンシナティ生まれ。女子学生社交クラブSigma Gamma Rhoのメンバーで4人のアフリカ系アメリカ人のうちの1人だった。

経歴[編集]

彼女の最も有名な役は、1934年の映画『模倣の人生』で雇い主が彼女をジャマイマおばさん(パンケーキの粉の箱に描かれたキャラクター)のような有名人に例えられる家政婦のデリラ・ジョンソン。デリラとフレディー・ワシントン演じる肌が白く白人として生きたい娘のペオラとの対立が有名。『模倣の人生』はアメリカの映画史上、黒人女性の問題に取り組んだハリウッド映画の最初の作品。

しかし主役級の役はほとんどない。ハティ・マクダニエルと同様『母親』としての固定観念となる。主人に仕える、太っていて短気で大笑いをする既婚の黒人女性というイメージ。彼女の雇い主は『母親』のイメージを維持するためどんどん食べさせた。彼女は事前にどのような役が用意されているか知らなかったが、それでも映画に出演し続けた。なぜならマクダニエルがかつて述べたように「メイドになるより、メイドを演じた方がいいわ。」ということである。

『Bright Boulevards』、『Bold Dreams』の著者ドナルド・ボーグルによると、映画界に入る前はサイレント映画女優リアトリス・ジョイのための家政婦として働いていたそうである。

ハティ・マクダニエルエセル・ウォーターズアマンダ・ランドルフに続き、シチュエーション・コメディ・シリーズの『Beulah』で家政婦Beulahを演じる。従属的な役ではあったが、アフリカ系アメリカ人主演の最初のシチュエーション・コメディのテレビ番組だった。彼女はまた『The Danny Thomas Show』(1953年~1955年)の最初の2シーズンでルイーズという名のメイドを演じた。

1962年10月26日、同じタイプの女優ハティ・マクダニエルが亡くなった日からちょうど10年後に60才でカリフォルニア州ハリウッド心筋梗塞で死亡。

1976年、黒人映画制作者の殿堂に入る。

主な出演映画[編集]

外部リンク[編集]