ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 脚色賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

「ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 脚色賞」はナショナル・ボード・オブ・レビューが与える賞の一つで、2003年から設けられた部門である。

受賞者[編集]

2000年代[編集]

作品 受賞者 原作
2003 コールド マウンテン アンソニー・ミンゲラ チャールズ・フレイザーの同名小説
2004 サイドウェイ アレクサンダー・ペインジム・テイラー レックス・ピケットの同名小説
2005 シリアナ スティーヴン・ギャガン ロバート・ベアの告発本『CIAは何をしていた?(原題:See No Evil)』
2006 The Painted Veil ロン・ナイスワーナー サマセット・モームの同名小説
2007 ノーカントリー コーエン兄弟 コーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』
2008 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 エリック・ロス F・スコット・フィッツジェラルドの同名短編小説
スラムドッグ$ミリオネア サイモン・ビューフォイ ヴィカス・スワラップの小説『ぼくと1ルピーの神様』
2009 マイレージ、マイライフ ジェイソン・ライトマンシェルドン・ターナー ウォルター・カーンの同名小説

2010年代[編集]

作品 監督 原作
2010 ソーシャル・ネットワーク アーロン・ソーキン ベン・メズリックのノンフィクション作品『facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男』[1]
2011 ファミリー・ツリー アレクサンダー・ペインナット・ファクソンジム・ラッシュ カウイ・ハート・ヘミングスの同名小説
2012 世界にひとつのプレイブック デヴィッド・O・ラッセル マシュー・クイックの同名小説
2013 ウルフ・オブ・ウォールストリート テレンス・ウィンター ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 - 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』

脚注[編集]

  1. ^ 原題はThe Accidental Billionaires