ヴァージン・スーサイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァージン・スーサイズ
The Virgin Suicides
監督 ソフィア・コッポラ
脚本 ソフィア・コッポラ
原作 ジェフリー・ユージェニデス
ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹
製作 フランシス・フォード・コッポラ
ジュリー・コスタンゾ
ダン・ハルステッド
クリス・ハンレイ
製作総指揮 ウィリー・ベアー
フレッド・フックス
ナレーター ジョヴァンニ・リビシ
出演者 キルスティン・ダンスト
音楽 エール
撮影 エドワード・ラックマン
編集 メリッサ・ケント
ジェームズ・リヨンズ
製作会社 アメリカン・ゾエトロープ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・クラシックス
日本の旗 東北新社
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年4月21日
日本の旗 2000年4月22日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,000,000[1]
興行収入 $10,409,377[1]
テンプレートを表示

ヴァージン・スーサイズ』(The Virgin Suicides)は、1999年アメリカ合衆国の映画で、ソフィア・コッポラの初監督作品。

原作はアメリカの作家、ジェフリー・ユージェニデス1993年に発表した『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』(早川書房刊)である。

あらすじ[編集]

1970年代のミシガン州が舞台。リスボン家にはテレーズ、メアリー、ボニー、ラックス、セシリアという美しい5人姉妹がおり、近隣の少年たちの憧れの的であった。しかしある日、末っ子のセシリアが手首を切ってしまう。手首を切った理由を聞かれ「死にたかったわけではない。自分を消したかった。」と話すセシリア。一命をとりとめたセシリアだったが、家に戻ってから数日もしないうちに、2階から身を投げて外の柵に刺さり、死んでしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ロナルド・リスボン ジェームズ・ウッズ 水野龍司
リスボン夫人 キャスリーン・ターナー 藤生聖子
ラックス・リスボン(14歳) キルスティン・ダンスト 皆口裕子
ボニー・リスボン(15歳) チェルシー・スウェイン 奥島和美
メアリー・リスボン(16歳) A・J・クック 高森奈緒
セシリア・リスボン(13歳) ハンナ・ホール 桑島法子
テレサ・リスボン(17歳) レスリー・ヘイマン 津々見沙月
トリップ・フォンテーン ジョシュ・ハートネット 川島得愛
ティム・ウェイナー ジョナサン・タッカー
ポール ロバート・シュワルツマン 野島健児
ジェイク ヘイデン・クリステンセン
ムーディー神父 スコット・グレン 中博史
ホニカー医師 ダニー・デヴィート 楠見尚己
トリップ・フォンテーン(成人後) マイケル・パレ 三宅健太
ナレーター ジョヴァンニ・リビシ

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Virgin Suicides”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]