アメリカン・ジゴロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン・ジゴロ
American Gigolo
監督 ポール・シュレイダー
脚本 ポール・シュレイダー
製作 ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮 フレディ・フィールズ
出演者 リチャード・ギア
ローレン・ハットン
ニーナ・ヴァン・パラント
音楽 ジョルジオ・モロダー
撮影 ジョン・ベイリー
編集 リチャード・ハルジー
配給 パラマウント・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年2月8日
日本の旗 1980年10月25日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スウェーデン語
製作費 $4,800,000
興行収入 $23,000,000
テンプレートを表示

アメリカン・ジゴロ』(American Gigolo)は、1980年に公開されたアメリカ映画。監督はポール・シュレイダージェリー・ブラッカイマーがプロデュースを担当している。

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

主人公ジュリアンは、ビバリーヒルズの金持ち婦人を相手に稼ぎまくるジゴロ。彼は引きも切らないコールを受ける売れっ子であった。ある日、彼の客の金持ち女性が殺害された。ジュリアンはその犯人として逮捕されてしまう。彼のアリバイを証言してくれるはずの女性は、彼との関係が公になるのを恐れ、事実を葬り去る。しかし、数日前に偶然出会い、客として過ごした上院議員婦人の存在が、予想だにしない光明を彼にもたらすのだった。

逸話[編集]

  • リチャード・ギアの衣裳は、まだ無名に近かったジョルジョ・アルマーニが担当した。
  • 主人公にはジョン・トラボルタも挙がっていたが、母親の病気や恋人との別れを理由に断られた[1][2] 。また、メリル・ストリープも出演のオファーがされたが、作品のトーンが気に入られず断られた[3]
  • 劇中でリチャード・ギアが乗るクルマは、メルセデス・ベンツ450SL。
  • 冒頭、オープンカーで走るシーンはマリブのパシフィックコーストハイウェイで撮影された。
  • リチャード・ギアとローレン・ハットンが出会う場面は、ビバリーヒルズホテルのポロラウンジで撮影された。
  • ゲイバーのシーンは、ラブレアアベニューにある本物のゲイバーで行われた。
  • 主題歌の「コール・ミー」(ブロンディ)は、公開の年に全米・全英ヒットNo.1を記録した。
  • 無修正の本編には、リチャード・ギアの男性器がそのまま映し出されている。
  • ファッションブランドDsquared2の2011年春夏ミラノ・コレクションは、この映画がコンセプトになっている。

脚注[編集]

  1. ^ Jones, C. 2002. Richard Gere: On guard. [Online] BBC (Updated 27 Dec 2002) Available at: http://news.bbc.co.uk/1/hi/in_depth/uk/2000/newsmakers/2591237.stm [Accessed 25 January 2010]. Archived at http://www.webcitation.org/5n2vlsIV6.
  2. ^ Yahoo! Movies. 2010. Julie Christie Biography. [Online] Yahoo! (Updated 2010) Available at: http://movies.yahoo.com/movie/contributor/1800020090/bio [Accessed 26 January 2010]. Archived at http://www.webcitation.org/5n4P3DZgY.
  3. ^ Smurthwaite, N., 1984. The Meryl Streep Story. Beaufort Books. ISBN 978-0-8253-0229-9.

外部リンク[編集]