ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』(Once Upon a Time in China)シリーズは、清朝末期に活躍した実在の武術家である黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)を主人公にしたアクション映画シリーズ。3作目までツイ・ハークが監督し、ジェット・リー(当時はリー・リンチェイ)が4作主演、2作をチウ・マンチェクが主演している。

概要[編集]

基本的には、ツイ・ハークが制作に関わり、黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)を主人公にしたものが正当なシリーズとされている。

ジェット・リー主演では黄飛鴻そのものが中心に描かれ、チウ・マンチェク主演の映画では、弟子たちの活躍も同時に描かれるという違いがある。映画の好評により、ツイ・ハーク制作による香港TVMによるTVシリーズも作られ、シリーズ化された。黄飛鴻役は第4・5作主演のチウ・マンチェク。TV版ではアクションよりもドラマ性を重視して作られている。

時代的に西洋文化が中国に入り始めた時期であり、純粋な中国の文化しか知らない黄飛鴻らが西洋文化への対応に苦労する(ナイフとフォークを武器と勘違いする、列車が山を突き破って進むと思い込む)など、文学的な娯楽性も高い。

なお、同じ黄飛鴻ものでジェット・リーが出演している『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地雄覇』(『ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ 烈火風雲』)があるが、監督はバリー・ウォンで、今シリーズとは実は別物。シリーズのセルフ・パロディでコメディの要素が強い。

日本では第2作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱』(劇場公開題『ワンス・アポン・ア・タイム 天地大乱』)が第1作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』(劇場公開題『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』)よりも先に劇場公開・ビデオリリースされた。

黄飛鴻について[編集]

黄飛鴻は実在した人物で、洪家拳の達人としてのその強さは伝説として語り継がれ、弟子たちは辛亥革命で活躍し、その師匠の名をより大きなものにした。ジャッキー・チェンも『酔拳』シリーズで黄飛鴻を演じている。ジャッキーがコミカルな黄飛鴻を演じたのと対照的に、ジェット・リーは、正義感の強い高潔な武術家を演じている。

梁寛(実際には黄飛鴻に殺された、梅毒で死亡など諸説ある)、林世榮などの弟子たちも当然実在の人物で、『酔拳2』を監督したラウ・カーリョンや、義弟の『少林寺三十六房』『キル・ビル』で知られるゴードン・リューことリュー・チャーフィーは、直系の弟子にあたる。

シリーズ代表作[編集]

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明[編集]

1991年公開。原題:黄飛鴻、英題:Once Upon a Time in China。日本では1994年10月11日公開。劇場公開邦題は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』。

ストーリー[編集]

欧米列強の侵略に動揺する朝末期。暴れるアメリカ人や地元のヤクザと黄飛鴻が戦う。シリーズ中、カンフーシーンが一番多い。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱[編集]

1992年公開。原題:黄飛鴻之二: 男兒當自強、英題:Once Upon a Time in China II。日本では1993年9月11日公開。劇場公開邦題は『ワンス・アポン・ア・タイム 天地大乱』。

ストーリー[編集]

カルト教団白蓮教」が街を席巻。これに革命を夢見る孫文や敵対する清朝が複雑にからむ。ストーリーが秀逸で、シリーズ随一と評判も高い。『HERO 英雄』でも激しい武侠アクションを見せたジェット・リードニー・イェンが、これでもかとばかり闘う激しいカンフー対決が見物。前作のラストシーンでかたられた「銃のまえには武術は無力」との思想にも、銃が通用しない敵を登場させて対処するなど、プロットの継続性への配慮が心憎い。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

※撮影中にジェット・リーがゴールデン・ハーベストと契約問題で揉めて一時的に撮影をボイコットした。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇[編集]

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ 天地風雲[編集]

1997年公開。原題:黄飛鴻之西域雄獅、英題:Once Upon a Time In China & America。日本では1999年2月27日公開。

ストーリー[編集]

西部開拓時代アメリカを訪れた黄飛鴻と荒くれガンマンとの対決。銃をものともしないカンフーの切れが見所。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

シリーズ一覧[編集]

シリーズ作品
シリーズとは別の作品

TVシリーズ[編集]

外部リンク[編集]