中国新聞社 (中華人民共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国新闻社
China News Service
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
北京市西城区百万荘南街12号
設立 1952年9月14日
業種 情報・通信業
代表者 社長:劉澤澎、総編集長:郭招金
従業員数 約500人
外部リンク http://www.chinanews.com/
テンプレートを表示

中国新聞社(ちゅうごくしんぶんしゃ、中国語: 中国新闻社英語: China News Service)、略称中新社新華社と並ぶ中華人民共和国の国営通信社である。本部は北京市にあり、国内外に複数の支局を置いている。

なお、日本広島県に本社を置く中国新聞社中国地方を販売対象とするブロック紙中国新聞を発行する新聞社)とは無関係である。

概要[編集]

華僑向け通信社であり、海外メディアへ中国関連ニュースの配信を行うことが主な業務である。また、同社は中国で最初にインターネットウェブサイトを開設した会社でもある。1995年香港www.chinanews.comを設立し、1999年1月1日には、中国新聞社本部に「中国新聞網(中新網)www.chinanews.com.cn」を設立した。

中国新聞社の前身は、日中戦争期間中の1938年中国共産党の指導の下、範長江胡愈之が組織した国際新聞社である。中華人民共和国建国後、1952年9月14日に現在の「中国新聞社」に改名。初代社長には、上海市副市長(1952年11月-1967年2月)を務めた社会活動家であり、国際問題評論家の金仲華が就任した。同社は同年10月1日、正式に海外へのニュース配信をスタートした。

中国新聞社の本部は北京市にあり、国内では各省・自治区・直轄市、香港マカオに、海外では東京バンコククアランプールニューヨークワシントンロサンゼルスサンフランシスコバンクーバーロンドンパリシドニーモスクワなどに支局を置いている。また、台湾にも駐在記者を派遣している。北京、ニューヨーク、香港支局は記事配信の拠点となっている。日本でのニュース配信業務は「中国新聞網」名義で行われており、東京支局がある。

組織[編集]

支局[編集]

中国国内
広東支局、福建支局、上海支局、広西支局、海南支局、山東支局、四川支局、香港支局、澳門支局
国外
アメリカ支局、日本支局、フランス支局、オーストラリア支局

支部[編集]

傘下媒体[編集]

関連会社[編集]

主要契約媒体[編集]

中国 
人民日報中央電視台羊城晩報北京晩報
香港 
明報信報文匯報大公報
台湾 
中央社中国時報
アメリカ 
僑報パンダテレビ局
日本 
日本放送協会読売新聞東京新聞サーチナ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]