ロミオ・マスト・ダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロミオ・マスト・ダイ
Romeo Must Die
監督 アンジェイ・バートコウィアク
脚本 エリック・バーント
ジョン・ジャレル
原案 ミッチェル・カプナー
製作 ジョエル・シルバー
ジム・ヴァン・ウィック
製作総指揮 ダン・クラッチオロ
出演者 ジェット・リー
アリーヤ
音楽 スタンリー・クラーク
ティンバランド
主題歌 アリーヤ『Try Again』
撮影 グレン・マクファーソン
編集 デレク・G・ブリーキン
製作会社 シルバー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年3月22日
日本の旗 2000年5月13日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
中国語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $55,973,336[1]
世界の旗 $91,036,760[1]
テンプレートを表示

ロミオ・マスト・ダイ』(原題:Romeo Must Die)は、2000年アメリカ映画アンジェイ・バートコウィアク監督が手がけるヒップ・ホップ・カンフー三部作の第1作である[2]。 

あらすじ[編集]

黒人ギャング団と中国系マフィアの二大組織が激しい縄張り争いを続けるカリフォルニア州オークランドで、 中国系マフィアのドン・チューの息子ポーが殺される。

一方、ポーの兄で元刑事のハンは父親の罪をかぶって香港刑務所に収監されていたが、弟の死を知り、脱獄、オークランドにやって来る。黒人ギャング団のボス・オデイの娘トリシュとふとしたことから知り合ったハンは、彼女の協力の下、弟の死の真相に迫る。

登場人物[編集]

ハン・シン
中国で収監されていた元警察官。一族は中国人マフィアで、父親のチューは中国人マフィアの一団を統括するドンで、そんな父親に反発して警察官になったと思われる。
警察の中でも非常に優秀な人物で、特に武術に秀でていたが、反発していた父親の犯した犯罪をかばう形で収監されていた。しかし、弟がアメリカで殺された事を知って脱獄して単身渡米。偶然から知り合ったトリッシュの関係者が弟の殺害事件に関わっている事を知る。更には彼女の兄弟も殺された事を知り、共に互いの兄弟を殺した犯人を探すうちに陰謀に巻き込まれていく。
体格はかなり小柄でトリッシュとさほど変わらない身長だが筋肉質で、非常に高い身体能力を持ち、大柄な黒人数人に襲われても難なく追い払う実力を持つが、「女性は殴らない」という信条を持つため、女相手だと防戦一方となってしまう欠点も持っている。
父親の部下であるカイとは旧知の中で、久しぶりの再会の手合せを行って互いを確かめる仲。しかし、弟殺害の真犯人が中国人マフィアであり自分の父親で、その実行犯がカイだった事を知ると単身乗り込み、カイと対決する。
トリッシュ・オデイ
オークランドを牛耳る黒人ギャング団のボスの娘。彼女もまた父親に反発し、自分の力で生活する為に洋服店を営んでいる。
父親の部下が常にボディガードとして張り付いているが、彼女自信は鬱陶しいと思って巻こうとしていたところを偶然通りかかったハンに救われる。
その後、ハンが自分にちょっかいを出したと思った父親の部下達をハンがあしらった頃から彼に好意を抱くようになる。
アイザック・オデイ
オークランドを牛耳る黒人ギャング団のボスでトリッシュの父親。トリッシュには割りと甘く、ボディガードを巻いてもそこまできつく叱ることはしない。
ヴィンセント・ロスの開発地区の土地の所有者との交渉を任されており、あと数件というところで手を焼いている。しかし、ギャング団といってもその手法はあくまでも話し合いによる交渉で、部下のマックの裏切りはあったが、彼自身は手荒な手法を好んでいなかった。
中国人マフィアとは敵対していたが表面的な争いはしないようにしており、チューの息子の葬儀にも参列している。しかし、自分の息子が殺された事で戦争状態になりかねない状況になり、トリッシュを心配するあまりにハンに近付く事を禁じたりしてトリッシュに反感を買ってしまう。すべての権利書が集まり、ロスとの交渉の場で本当の目的だったロスとの共同開発を持ちかけたところで、マックの裏切りに合いトリッシュを人質に取られてしまう。反撃に出たが、揉み合いの末に銃で撃たれてしまう。
一命はとりとめ、その場にいたハンに救われて彼と握手をし、救われた彼を認めるような発言をしてハンを見送った。
マック
オデイの片腕の黒人ギャング団のNo.2。仕事のほぼすべてを取り仕切り、オデイの話し合いの交渉を無視して力(暴力)による交渉で仕事を進めた。
オデイの息子コリンとは幼馴染みで仲はいいが、惚れているトリッシュとは仲は悪い。
ロスとの交渉の場で共同開発を持ちかけたオデイに反旗を翻して裏切り、オデイを焚き付ける為にコリンを殺し、交渉に応じない地権者を次々に殺していたことを明らかにしたとこをオデイの反撃を受け逃亡。権利書を持って逃げるロスを追うが逃げられる。ハンに追い詰められるが、ハンの弟を殺したのが中国人と暴露して動揺を誘い逆転。しかし、追ってきたトリッシュに撃たれて屋上から転落死した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ビデオ・DVD 日本テレビ[3]
ハン・シン ジェット・リー 飛田展男 横堀悦夫
トリシュ・オデイ アリーヤ 松本梨香 落合るみ
マック イザイア・ワシントン 増谷康紀 大塚明夫
カイ ラッセル・ウォン 山路和弘 小杉十郎太
アイザック・オデイ デルロイ・リンドー 銀河万丈 玄田哲章
コリン・オデイ D・B・ウッドサイド 檜山修之 川島得愛
チュー・シン ヘンリー・オー 塚田正昭 山野史人
ヴィンセント・ロス エドアルド・バレリーニ 伊藤栄次
モーリス アンソニー・アンダーソン 桜井敏治
シルク DMX 大川透 西凛太朗
ポー・シン ジョン・キット・リー

脚注[編集]

  1. ^ a b c Romeo Must Die (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2011年3月7日閲覧。
  2. ^ 他の2作は『DENGEKI 電撃』、『ブラック・ダイヤモンド』。
  3. ^ 2005年6月3日放送の金曜ロードショー

外部リンク[編集]