デイヴィッド・サンボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴィッド・サンボーン
サンフランシスコはユニオン・スクエアでのパフォーマンス}
サンフランシスコはユニオン・スクエアでのパフォーマンス
基本情報
出生名 David Sanborn
出生 1945年7月30日(69歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
ジャンル ジャズ
フュージョン
担当楽器 サックス
活動期間 1975年 -
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
エレクトラ・レコード
ヴァーヴ・レコード
デッカ・レコード
公式サイト www.davidsanborn.com

デイヴィッド・サンボーン (David Sanborn1945年7月30日 - ) はジャズフュージョン界で活躍するサックス白人奏者であり、彼の活躍はスムーズ・ジャズへの影響も深い。ユニークで渋みのあるファンキーなプレイが特徴。歌うように奏でるその音色は「泣きのサンボーン」とも呼ばれる。

バイオグラフィ[編集]

1945年7月30日、フロリダ州タンパで生まれ、子供の頃セントルイスに移る。幼少より小児麻痺にかかり、医師の勧めでリハビリを兼ねてサックスをやり始めた。ブルースやジャズに影響され才覚を育てたサンボーンは、10代半ばにはアルバート・キングとも競演した。様々なミュージシャンとセッションをこなし、1975年ワーナー・ブラザーズと契約し、『Taking Off』でデビューした。

1978年、ピアニスト深町純が中心となり、マイク・マイニエリブレッカー・ブラザーズスティーヴ・ガッドリチャード・ティー等が参加した「ニューヨーク・オールスターズ」にも参加した。

1983年ローリング・ストーンズの『アンダーカヴァー』収録曲「プリティ・ビート・アップ」にゲスト参加。

1991年エレクトラに、2003年ヴァーヴ・レコードに、2008年デッカ・レコード(US)に移籍する。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
Taking Off 1975 Warner Bro.
Sanborn (邦題:メロウ・サンボーン) 1976 Warner Bro.
Promise Me the Moon (邦題:流麗なる誓い) 1977 Warner Bro.
Heart to Heart 1978 Warner Bro.
Hideaway 1980 Warner Bro.
Voyeur (邦題:夢魔) 1981 Warner Bro.
As We Speak (邦題:囁くシルエット) 1982 Warner Bro.
Backstreet 1983 Warner Bro.
Straight to the Heart 1984 Warner Bro.
Double Vision (With Bob James) 1986 Warner Bro.
A Change of Heart 1987 Warner Bro.
Close-Up 1988 Warner Bro./Reprise
Another Hand 1991 Elektra
Up Front 1992 Elektra
Hearsay 1994 Elektra
The Best of David Sanborn 1994 Warner Bro.
Pearls 1995 Elektra
Love Songs 1995 Elektra
Songs from the Night Before 1996 Elektra
Inside 1999 Elektra
The Essentials 2002 Rhino Records
Timeagain 2003 Verve/GRP
Closer 2005 Verve
Here and Gone 2008 Decca
Only Everything 2010 Decca

功績[編集]

グラミー賞[編集]

タイトル/曲 年度 部門
"All I Need is You" 1982 Best R&B Instrumental Performance
"Straight to the Heart" 1986 Best Jazz Fusion Performance
Double Vision with Bob James 1987 Best Jazz Fusion Performance
"Chicago Song" 1988 Best R&B Instrumental Performance (Orchestra, Group or Soloist)
"Close-up" 1989 Best Pop Instrumental Performance (Orchestra, Group Or Soloist)
Inside 2000 Best Contemporary Jazz Album

テレビ出演[編集]

外部リンク[編集]