ハンニバル・ライジング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンニバル・ライジング』(原題:Hannibal Rising )は、アメリカの小説家トマス・ハリスによって2006年12月5日に出版された長編小説である。『レッド・ドラゴン』『羊たちの沈黙』『ハンニバル』で登場したハンニバル・レクター博士の幼少期・青年期を描いた作品。

2007年に監督をピーター・ウェーバー、レクター役にギャスパー・ウリエルで映画化された。映画版に関しては『ハンニバル・ライジング (映画)』を参照。

ストーリー[編集]

日本に関する描写[編集]

本作の(事実上の)ヒロインともいえる、ハンニバル・レクターの叔父の妻が「紫夫人」(Lady Murasaki)という名の日本人であり、伊達政宗の子孫という設定である。彼女を通して様々な日本に関連するエピソードなどが登場する。特に原爆で家族を失った紫婦人の強烈なパーソナリティと宮本武蔵水墨画が、レクターの精神世界の構成に大きく影響を与えるところなど、「日本」が作中の大きなテーマになっているが、日本に関する描写は、日本人の視点からすれば不自然な点も散見される。[要出典]

外部リンク[編集]