レッド・ドラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レッド・ドラゴン』(Red Dragon)は、トマス・ハリスによる小説。本作でハンニバル・レクターが初登場し、『羊たちの沈黙』・『ハンニバル』と続く「ハンニバル・レクター」シリーズの第1作である。

ハンニバル・レクター[編集]

本作はハンニバル・レクターシリーズの第1作とされているが、主人公はグレアム捜査官、相手はあくまでダラハイドであり、レクターは端役にすぎない。

『レッド・ドラゴン』の日本語訳の再版(早川書房)でトマス・ハリスは、レクターは当初端役に過ぎなかったが、サイコを操るサイコを始めとした作中での存在感が続編に繋がったとコメントしている。

ストーリー[編集]

『大いなる赤き竜と日をまとう女』ウィリアム・ブレイク、1803年–1805年頃

かつて「人食い」ハンニバルこと殺人鬼の精神科医ハンニバル・レクター博士を逮捕したFBIアカデミー教官のウィル・グレアムは、目下世間を騒がせている一家惨殺事件の犯人を捜し求めていた。事件の全体図を把握しかねているグレアムは、なんとしても犯人の人物像を掴むべく、ハンニバルの収監されている療養施設へと赴く。

ハンニバルは、異常殺人鬼でありながら極めて高い知能を有しており、檻の中で料理や専門分野の書物を読み、科学雑誌にめざましい論文を執筆していた。ハンニバルのもとには、各地から彼を崇拝する様々なサイコ的人物からの手紙が届く。その中には、ある殺人鬼からの熱烈なファンレターも混じっていた。

殺人鬼は、自分の持つ障害への劣等感や、厳格な祖母へのトラウマに悩まされていた。しかしある日出会った、ウィリアム・ブレイクヨハネ黙示録の情景に基づいて描いた水彩画『大いなる赤き竜と日をまとう女』に魅せられてしまった。殺人鬼は「赤き竜」レッド・ドラゴンを自分と同一視し、いつかは自分も竜になるのだと信じて凶悪犯罪を重ねていた。

グレアムは、ハンニバルから殺人鬼のヒントを得て犯人を追い求めるが、同時にハンニバルはひそかにその殺人鬼と「文通」していた。

映像化[編集]

映画
ドラマ