テンペスト (1958年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テンペスト
La tempesta
監督 アルベルト・ラットゥアーダ
脚本 ルイズ・ピーターソン
アルベルト・ラットゥアーダ
原作 アレクサンドル・プーシキン
製作総指揮 ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 シルヴァーナ・マンガーノ
ヴァン・ヘフリン
音楽 ピエロ・ピッチオーニ
撮影 アルド・トンティ
編集 アンリ・リュスト
オテロ・コランジェリ
製作会社 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ボスナ・フィルム
イタリアの旗 ディノ・デ・ラウレンティス・チネマトグラフィカ
フランスの旗 グレイ・フィルム
ソシエテ・ヌーヴェル・パテ・シネマ
配給 イタリアの旗 ディノ・デ・ラウレンティス・チネマトグラフィカ
日本の旗 パラマウント映画
公開 イタリアの旗 1958年12月1日
日本の旗 1959年7月8日
上映時間 120分
製作国 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

テンペスト』(原題 イタリア語: La tempesta)は、1958年製作・公開、アルベルト・ラットゥアーダ監督によるユーゴスラビアイタリアフランス合作の長篇劇映画である。アレクサンドル・プーシキンの19世紀の小説『大尉の娘』を原作としている。

略歴・概要[編集]

プーシキンが帝政ロシアの時代、1836年に発表した小説『大尉の娘』を原作に、ウィリアム・シェイクスピアの『テンペスト』と同じく「嵐」の意味を持つイタリア語をタイトルとした映画である。当時ユーゴスラビア、現在はセルビアの首都ベオグラードのスタジオ撮影、平原でロケーション撮影を行った。

ラットゥアーダは本作で1959年、ダヴィド・ディ・ドナテッロ賞の監督賞、ラウレンティスは製作賞を受賞した。

キャスト[編集]

関連作品[編集]

[編集]

外部リンク[編集]